WordPress

WordPressでファビコンを設定する方法

WordPressでファビコンを設定する方法
WordPressでファビコンってどうやって作って設置すればいいんだろう?

ファビコンは非常に小さなものですが、あると無いでは大きな違いあります。

今回はファビコンの作り方と設置方法について解説していきます。

効率よくWordPress制作したい人はこちら

ファビコンとは?

まずファビコンとは何かという説明をしたいと思います。

ファビコンとはブラウザのタブやブックマークのサイト名の横にあるアイコンの事です。

こんなやつですね。

 

非常に小さいものですが、これがあるとそれだけでサイトの印象が残ります。

特に大量のブックマークがあった時、目立つアイコンがあれば探しやすくもなります。

逆にないと「このサイト大丈夫かな?」と思われるかも知れません。

ちなみにこのブログのファビコンはJSとなっていますが、JavaScriptのことではなく、ただの私のイニシャルです(何も思いつかなかったので)

WordPressでファビコンを設置する方法

それでは早速WordPressでファビコンを設置していきたいと思います。

WordPressではバージョン4.3以降、header.phpなどをいじる事なくカスタマイズから設置する事が出来るようになりました。

まずは管理画面左のメニューの外観 → カスタマイズを選択します。

 

 

するとこちらの画面が表示されます。

 

 

ここでサイト基本情報を選択すると次の画面が表示されます。

 

 

ここのサイトアイコンを選択で画像を選択し、右上の公開をクリックすれば完了です(今は変更がないので公開済みになっています)

画像はここに書いてある通り512×512px以上の正方形にしましょう。

と言っても正方形でなければここで正方形にカット出来ます。

 

 

そして右下の画像切り抜きをクリックするとこうなります。

 

 

ここでイメージが出来ますね。

これで良ければ右上の公開をクリックすれば完了です。

ちなみに画像の拡張子は.pngや.jpgでOKです。

今回は写真を使いましたが、自社のロゴなどがあったらロゴをファビコンとして使うのがいいかと思います。

以上です。

 


WordPress案件の単価と作業効率を上げる!

Brainランキング1位獲得 & 3日で500部突破

クチコミ約300件
(平均スコア

今だけ!5つの無料特典あり🎁

👇画像をクリック

  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月7万PV▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得。

-WordPress