WordPress プラグイン

【WordPress】プラグインのインストール方法

【WordPress】プラグインのインストール方法
WordPressのプラグインってどうやってインストールするの?

WordPressにはプラグインという拡張機能があり、これをインストールすると色々と便利な機能を使う事が出来ます。

今回はWordPressを扱う上で欠かせないプラグインのインストール方法をご紹介していきます。

効率よくWordPress制作したい人はこちら

WordPressのプラグインのインストール方法

それではプラグインのインストール方法を解説していきます。

特に難しいことではありませんが、今回は丁寧に解説していきたいと思います。

 

プラグインとは?

最初にプラグインについて簡単に解説しておきます。

冒頭でも書きましたが、プラグインとはWordPressの拡張機能の事です。

Google Chromeにも拡張機能はありますが、名前の通り機能を拡張、つまり機能を追加する事が出来ます。

例えば、

  • お問い合わせフォームのプラグイン
  • SEO対策のプラグイン
  • セキュリティ対策のプラグイン
  • バックアップを取るプラグイン
  • 投稿ページで目次を表示するプラグイン

などなど。

WordPress案件の場合は制作に必要なプラグインを入れ、WordPressブログではブログ運用で必要なプラグインを入れる形になります。

WordPressを扱うのであれば必ず何かしらのプラグインは入れると思うので、インストールの仕方はここで覚えておきましょう。

 

プラグインをインストールして有効化

それではプラグインをインストールしていきます。

まずはこちらがWordPressログイン後の管理画面になります(ダッシュボードを選択)

左側にあるメニューのプラグインをクリックするとこちらが表示されます。

まだプラグインが1つもないのが確認できます。

ここで新規追加をクリックしてプラグインを追加していきます(左のメニューと上のボタンのどちらでもOK)

プラグイン以外のメニューを選択時は、プラグインにカーソルを乗せるとその横にメニューが表示されるので、そこの新規追加クリックでもOKです。

いずれかの方法でプラグインの新規追加をクリックしたらこちらが表示されます。

最初からいくつかプラグインが表示されています。

これは「プラグインを追加」の下のメニューを見れば分かりますが、デフォルトでは注目が選択されています。

他にも「人気」「おすすめ」「お気に入り」とありますが、通常は使うプラグインを検索すると思いますので、右にある「プラグインの検索...」に使いたいプラグイン名を入力しましょう。

試しにお問い合わせフォームの定番プラグイン「Contact Form7」をインストールしてみます。

検索欄に「Contact Form7」と入力するとこちらが表示されます。

プラグイン名をフルネームで入力しても自分が探してるプラグイン以外もたくさん表示されるので、使いたいプラグインをしっかり確認してから今すぐインストールをクリックします。

検索方法について

検索は有名なプラグインであれば途中までの入力でも見つかります。例えば今回のContact Form7の場合は「Contact」まで入力すれば一番上に表示されます。

検索の注意ポイント

プラグインをフルネームで入力しても1番目に表示されるとは限らないので、自分が使いたいプラグインかしっかり確認しましょう。

クリックしてしばらく待つとボタンが有効化に変わります。

そして有効化ボタンをクリックすればインストール完了し、プラグインのインストール済みプラグインが表示されます。

最初と違いプラグインがインストールされているのが確認できます。

 

ファイルをアップロードしてインストールする方法

先ほどは管理画面から検索してインストールしましたが、プラグインのファイルをアップロードしてインストールする方法もあります。

あまり使う機会はないかも知れませんが、一応覚えておきましょう。

プラグイン → 新規追加から、上にあるプラグインのアップロードをクリックします。

そしてこちらの画面が表示されるので、ファイルを選択をクリックしてパソコン上にあるファイルを選択するか、ファイルを選択ボタンの上にファイルをドラッグ&ドロップします。

そしてファイル名が表示されたら今すぐインストールをクリックします。

そしてインストールが完了したらこちらが表示されるので、有効化をクリックしておきましょう。

 

プラグインの削除方法

プラグインを削除したい場合は、まずプラグインを無効化します。

すると表示が無効化から削除に変わるので、削除をクリックすれば完了です。

削除をしないで隣の有効化をクリックすればまた有効化の状態になりますが、削除をした後にもう一度使いたい場合はインストールする必要があります。

 

プラグインの自動更新

プラグインは定期的にバージョンアップしますが、デフォルトでは自動更新は無効になっています。

プラグインは更新しないとバージョンアップした状態になりません。

自動更新を有効化させたい場合は右の自動更新を有効化をクリックすればOKです(以下は有効化された状態です)

 

プラグインの更新を手動でする場合

手動でする場合は2つの方法があり、1つは先ほどのインストール済みプラグイン画面から更新をクリックになります。

もう1つの方法は左上の更新マーク(リサイクルのようなマーク)か、ダッシュボードの更新をクリックして表示される画面から更新します。

上記は更新可能なプラグインが表示されていて、1つずつ更新でもまとめて更新でもOKです。

更新の数が合っていない?

上記は更新の数が5となっていますが、更新可能なプラグインは4つしかありません。理由は更新できるものが4つのプラグインとWordPress本体のバージョンだからです。なので合わせて5つが更新対象になるという事です。

 

インストールしたプラグインの場所

プラグインの場所は主に3種類に分かれます。

  1. インストールしただけで設定不要(設定不可)
  2. メニューに追加
  3. メニューの設定に追加

①は設定画面が無いので有効化するかどうかだけとなります。

②と③は以下のようになります。

左側のメニューに表示されるプラグインと、設定メニューの中に表示されるプラグインに分かれます。

 

プラグインは無料と有料がある

プラグインは無料で使える物も多いですが、中には有料の物もあります。

無料で使えるのは一部の機能だけで、全ての機能を使用するには有料のプランにするといった感じの物もあります。

インストールしたらいきなり有料プランに加入といったことはありません。

例えば以下のようにプロ版にアップグレードなど、有料プランがあるプラグインに関しては有料プランに促すようなメニューがあるので分かるかと思います。

有料の中でも買い切りかサブスク(月額制など)かなど、支払い方法にはご注意下さい。

 

WordPress案件の単価と作業効率を上げる!

Brainランキング1位獲得 & 3日で500部突破

クチコミ約280件(平均スコア

今だけ!5大特典あり🎁

-WordPress, プラグイン