CSS Web制作

【CSS】Flexboxでボタンや要素を下に揃える方法【文字数が違っても高さを揃える】

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Flexboxで横に並べた要素の中にあるボタンを、下に揃える方法ある?

例えば以下のような場合、ボタンの位置はテキストの量によって決まってしまっています。

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

今回は、このボタンを下の位置に揃える方法を解説します。

Flexboxの基本については、以下の記事を参照下さい。

あわせて読みたい
【CSS】横並びレイアウトの定番『Flexbox』の使い方を解説
【CSS】横並びレイアウトの定番『Flexbox』の使い方を解説

続きを見る

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

Flexboxでボタンや要素を下に揃える方法

まずHTMLですが、これは先ほどの例と同じです(文字数は適当です)

<ul>
  <li>
    <div class="card-img">
      <img src="画像パス" alt="" />
    </div>
    <p class="card-text">テキストが入ります</p>
    <a href="#" class="card-btn">ボタン</a>
  </li>
  <li>
    <div class="card-img">
      <img src="画像パス" alt="" />
    </div>
    <p class="card-text">テキストが入りますテキストが入ります</p>
    <a href="#" class="card-btn">ボタン</a>
  </li>
  <li>
    <div class="card-img">
      <img src="画像パス" alt="" />
    </div>
    <p class="card-text">テキストが入りますテキストが入りますテキストが入ります</p>
    <a href="#" class="card-btn">ボタン</a>
  </li>
</ul>

CSSですが、カード全体を横並びにするコードと、カード内の要素を縦にするコードはこちらです(その他は省略します)

/* 全体を横並び */
ul {
  display: flex;
}
/* カード内を縦並び */
li {
  display: flex;
  flex-direction: column;
}

カード内に関しては、display: flex;で横並びにして、flex-direction: column;で縦方向にしています。

これだけ見るとliタグの方は意味が無いように見えますが、ここでFlexboxを使わないとこれからご紹介する方法が使えないので、このようにしています。

コードを全部見たい人は、CodePenのHTML・CSSをクリックして下さい。

そして、ボタンや要素を下に揃える方法は2つあります。

 

方法①:下に揃えたい要素に『margin-top: auto;』

まずは、下に揃えたい要素にmargin-top: auto;を書く方法です。

今回の場合は、ボタンになります。

.card-btn {
  margin-top: auto;
} 

そしてこちらがデモになります。

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

これは文字数が違ってテキスト要素の高さはバラバラですが、margin-top: auto;で上の要素との余白を作っています。

 

方法②:高さが揃っていない要素に『flex-grow: 1;』

もう一つの方法は、高さが揃っていないテキスト要素の高さを揃える方法です。

ボタンの位置が揃っていないのは、文字数の違いによるテキスト要素の高さの違いが原因なので、そのテキスト要素の高さを揃えてもOKです。

コードはこちらです。

.card-text {
  flex-grow: 1;
}

今度はボタン要素ではなく、テキスト要素にCSSを書いています。

デモの見た目は先ほどと同じです。

See the Pen
Flexbox(ボタンの下揃え③)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

見た目は先ほどと同じですが、今回はボタンの上に余白があるのではなく、『テキスト要素の高さが揃ったからボタンの位置も同じになった』ということです。

デベロッパーツールで要素にカーソルを乗せれば分かると思います。

まとめ:Flexboxでボタンや要素を下に揃える方法は2つある

今回は、ブログカードなどでよくある、ボタンや要素を下に揃える方法を解説してきました。

2つの方法を解説しましたが、見た目は同じでも揃え方が違うので、その違いを理解しておきましょう。

また、テキストを『1行まで』など制限してよければ、今回の方法を使わなくてもいいでしょう。

文字の行数を指定する方法は、以下の記事を参照下さい。

あわせて読みたい
【CSS】文字数制限(行数制限)して3点リーダーを表示させる方法(複数行、IE対応)
【CSS】文字数制限(行数制限)して3点リーダーを表示させる方法(複数行、IE対応)

続きを見る

以上になります。

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-CSS, Web制作
-