Web制作 JavaScript

JavaScriptでテキストを一文字ずつspanタグで囲む方法【コピペOK!】

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

テキストを一文字ずつspanタグで囲む方法ない?

例えば一文字ずつフェードインさせたい場合、一文字ずつspanタグで囲むことがありますが、これを一文字ずつ手作業でやるのは面倒ですよね。

そこで今回はJavaScriptを使った方法を解説します。

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

JavaScriptでテキストを一文字ずつspanタグで囲む方法

まずはJavaScriptを書く前の状態を見てみます。

HTMLはこちらです。

<p>じゅんぺいブログ</p>

サンプルはこちら。

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

これを検証ツール(デベロッパーツール)で見てみると、当然ですが全てpタグで囲まれているのが分かります。

pタグを検証ツールで確認

pタグを検証ツールで確認

pタグを検証ツールで確認

pタグを検証ツールで確認

検証ツールの使い方は以下の記事を参照下さい。

あわせて読みたい
Chromeのデベロッパーツールの使い方を徹底解説【コーディングに必須!】
Chromeのデベロッパーツールの使い方を徹底解説【コーディングに必須!】

続きを見る

今度はHTMLにclassを付けます。

<p class="js-text">じゅんぺいブログ</p>

そして追記するJavaScriptがこちらです。

// 対象の要素を取得
const paragraph = document.querySelector(".js-text");

// テキストコンテンツを取得
const textContent = paragraph.textContent;

// テキストコンテンツを一文字ずつ分割して<span>タグで囲んで新しい文字列を作成
const newTextContent = [...textContent]
  .map((char) => `<span>${char}</span>`)
  .join("");
// 新しい文字列をHTMLに挿入
paragraph.innerHTML = newTextContent;

サンプルはこちらです。

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

見た目は変わりませんが、また検証ツールで見てみるとちゃんと一文字ずつspanタグで囲まれているのが分かります。

pタグを検証ツールで確認

pタグを検証ツールで確認

pタグを検証ツールで確認

pタグを検証ツールで確認

JavaScriptの書き方は色々あると思うので、他の方法でも大丈夫です。

例えばこちらの書き方でもOKです。

// 文字列内の各文字を<span>タグで囲む関数
const newTextContent = function (str) {
  // 文字列を分割し、各文字を<span>タグで囲み、結合して返す
  return [...str].map((char) => `<span>${char}</span>`).join("");
};

// 対象の要素を取得
const paragraph = document.querySelector(".js-text");

// 要素の内容をwrapCharSpan関数の実行結果で置き換える
paragraph.innerHTML = newTextContent(paragraph.textContent);

このコードの場合のサンプルはこちらです。

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

まとめ

今回はJavaScriptを使ってテキストを一文字ずつspanタグで囲む方法を解説しました。

特にプラグインやライブラリは使う必要がなく、コピペで簡単に実装できるのでぜひご活用下さい。

以上になります。

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-Web制作, JavaScript