CSS Web制作

【CSS】コンテンツ量が少なく短いページでもフッターを最下部に表示する方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

コンテンツの高さが足りなくてフッターの下に余白が出来ちゃうんだけどどうすればいいの?

例えばお問い合わせフォームのサンクスページや404ページなど、メインコンテンツはテキストが数行で終わる場合があります。

特に対策をしないと以下のようになり、フッターの下に余白が出来てしまいます。

フッターの下に余白がある状態

フッターの下に余白がある状態

これはカッコ悪いので、以下のようにフッターはコンテンツ量に関わらず最下部に表示するようにする方法を解説します。

コンテンツ量が少なくてもフッターはページ最下部

コンテンツ量が少なくてもフッターはページ最下部

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

CSSでコンテンツ量が少なく短いページでもフッターを最下部に表示する方法

早速ですがコードはこちらになります。

<body>
  <div class="wrap">
    <header>ヘッダー</header>
    <main>コンテンツ</main>
    <footer>フッター</footer>
  </div>
</body>

HTMLはbodyタグの子要素を.wrapというclassを付けたdivタグで囲っています。

そしてCSSはこちらです。

.wrap {
  display: flex;
  flex-direction: column;
  min-height: 100vh;
}
main {
  flex: 1;
}

これで大丈夫ですが、スマホで見るとフッターはアドレスバーに隠れることがあります。

例えばこちら。

フッターはアドレスバーの下にある

フッターはアドレスバーの下にある

下にスクロールするとフッターが現れます。

フッターはスクロールすると見える

フッターはスクロールすると見える

冒頭のようにフッターの下に余白があるわけではありませんが、フッターをページを開いた時点で表示させるにはCSSのmin-height: 100vh;の代わりにjQueryに以下のコードを書きます。

$(window).on("load resize", function () {
  let window_height = window.innerHeight
    ? window.innerHeight
    : $(window).innerHeight();
  $(".wrap").css("min-height", window_height + "px");
});

するとスマホで開いた時点でフッターは表示されます。

フッターはスマホを開いた時点で表示

フッターはスマホを開いた時点で表示

まとめ

今回はコンテンツ量が少なく短いページでもフッターを最下部に表示する方法を解説してきました。

LPなど長いページやサンクスページ、404ページなどが無いと気が付かないかもしれませんが、フッターの下に余白があるのは見栄えが良くないのでしっかり確認しておきましょう。

以上になります。

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-CSS, Web制作