HTML Web制作

Googleマップの埋め込み地図を日本語から英語表記にする方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Googleマップの埋め込み地図って、英語表記にできない?

通常、Googleマップを埋め込むと日本語表記になると思います。

しかし、海外向けのサイトなど、英語表記にしたい場合もあるかも知れません。

そこで今回は、Googleマップの埋め込み地図を日本語から英語表記にする方法を解説します。

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

Googleマップの埋め込み地図を日本語から英語表記にする方法

まずは、通常の埋め込み方法から見てみます。

Googleマップで検索したら、共有をクリックします。

Googleマップ:共有をクリック

Googleマップ:共有をクリック

そして『地図を埋め込む』のタブを選択してから、『HTMLをコピー』をクリックします。

Googleマップ:『地図を埋め込む』→『HTMLをコピー』

Googleマップ:『地図を埋め込む』→『HTMLをコピー』

あとはHTMLにコードを貼り付けるだけです。

<iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3241.235601152769!2d139.69223467630405!3d35.67120038052402!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x60188cb479620a33%3A0x34bcc78ce7f8bf3e!2z5Luj44CF5pyo5YWs5ZyS!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1709544881835!5m2!1sja!2sjp" width="600" height="450" style="border:0;" allowfullscreen="" loading="lazy" referrerpolicy="no-referrer-when-downgrade"></iframe>

こちらが実際に埋め込んだ地図です。

普通に日本語表記ですね。

これを英語表記にするには、埋め込みコードの最後の方にある『ja』を『en』に書き換えればOKです。

Googleマップ埋め込みコード:『ja』を『en』に書き換える

Googleマップ埋め込みコード:『ja』を『en』に書き換える

感覚的には最後の『jp』を書き換えたくなりますが、『ja』の方で合っています。

そして『en』に書き換えたのがこちら。

日本語も残っていますが、英語がメイン表記になっています。

まとめ

今回は、Googleマップで英語表記にする方法を解説しました。

やることは非常に簡単ですが、『jp』ではなく『ja』を書き換えるのを間違えないようにしましょう。

以上になります。

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-HTML, Web制作
-