Swiper Web制作 スライダー

【Swiper】ブレイクポイントを設定してレスポンシブ対応のスライダーを作る方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Swiperでブレイクポイントを設定してレスポンシブ対応に出来る?

例えばPCではスライドの枚数を3枚にして、スマホでは1枚にしたい時があったとします。

そのためにはブレイクポイントを設定すれば対応可能です。

Swiperの基本的な使い方についてはこちらの記事を参照下さい。

あわせて読みたい
【jQuery不要】スライダープラグイン Swiper.jsの使い方
【2024年最新Ver11】Swiperの使い方とよく使うオプション・カスタマイズ方法を解説

続きを見る

またSwiperには色々カスタマイズが出来るオプションがあるので、そちらも合わせて活用すると実装出来るスライダーの幅が広がります。

あわせて読みたい
【Swiper】カスタマイズ用オプションまとめ一覧
【Swiper】カスタマイズ用オプションまとめ一覧

続きを見る

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

Swiperでブレイクポイントを設定してレスポンシブ対応のスライダーを作る方法

まずは基本となるスライダーを見てみます。

See the Pen
Swiper(矢印、ドットインジケーター)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

前後の矢印、ページネーションが表示されているシンプルなスライダーです。

今回はコードを見やすくする為にページネーションは削除したいと思います。

まずは画面幅500px以上でスライド3枚、500px未満でスライド1枚になるようにしてみます。

画面幅は500px未満にするか、左上のHTML、CSS、JSをクリックして画面幅を狭くしてみて下さい(クリックすると500px未満になるという意味です)

こちらがそのスライダーになります。

See the Pen
Swiper(ブレイクポイント設定)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

HTMLとCSSは特に変わったところはありませんが、HTMLのスライドは表示枚数の倍にしておきましょう(バージョン9系の場合)

そしてJavaScriptはこちらです。

const swiper = new Swiper(".swiper", {
  loop: true,
  // 前後の矢印
  navigation: {
    nextEl: ".swiper-button-next",
    prevEl: ".swiper-button-prev",
  },
  // スライドの表示枚数:500px未満の場合
  slidesPerView: 1,
  breakpoints: {
    // スライドの表示枚数:500px以上の場合
    500: {
      slidesPerView: 3,
    }
  }
});

最初に見た基本となるスライダーと違うのは、スライドの表示枚数の設定です。

まずは基本となる表示枚数を設定します。

ブレイクポイントで設定するのは◯◯px以上の処理なので、基本となる表示枚数はそれ以下となります。

なので上記で言えば500px未満のスライド数でslidesPerView: 1,となります(スライド1枚)

そしてbreakpointsでブレイクポイントを設定し、設定したpx以上の場合の処理を書きます。

上記の場合だと「500px以上の場合にスライド3枚表示」となります。

 

ブレイクポイントを複数設定

先ほどはブレイクポイントが1つでしたが、複数設定する場合は以下のようになります。

const swiper = new Swiper(".swiper", {
  loop: true,
  // 前後の矢印
  navigation: {
    nextEl: ".swiper-button-next",
    prevEl: ".swiper-button-prev",
  },
  // スライドの表示枚数:600px未満の場合
  slidesPerView: 1,
  breakpoints: {
    // スライドの表示枚数:600px以上の場合
    600: {
      slidesPerView: 2,
    },
    // スライドの表示枚数:768px以上の場合
    768: {
      slidesPerView: 3,
    },
    // スライドの表示枚数:1025px以上の場合
    1025: {
      slidesPerView: 4,
    },
  },
});

こちらがデモになります。

See the Pen
Swiper(ブレイクポイント複数でスライド数変更)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

これはブログ上では最大で2枚しか表示されないので、右上のCodePenのロゴをクリックしてページを開くと分かりやすいかと思います。

まとめ

今回はSwiperでブレイクポイントを設定してレスポンシブ対応のスライダーを作る方法を解説しました。

今回はブレイクポイントでスライドの枚数を変えましたが、スライドの枚数以外の設定も出来るという事は覚えておきましょう。

以上になります。

関連記事slick記事一覧
関連記事Swiper記事一覧
関連記事Splide記事一覧

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-Swiper, Web制作, スライダー