Web制作 Swiper スライダー

【Swiper】ブレイクポイントを設定してレスポンシブ対応のスライダーを作る方法

【Swiper】ブレイクポイントを設定してレスポンシブ対応のスライダーを作る方法
Swiperでブレイクポイントを設定してレスポンシブ対応に出来る?

例えばPCではスライドの枚数を3枚にして、スマホでは1枚にしたい時があったとします。

そのためにはブレイクポイントを設定すれば対応可能です。

Swiperの基本的な使い方についてはこちらの記事を参照下さい。

参考記事
【jQuery不要】スライダープラグイン Swiper.jsの使い方
【jQuery不要】スライダープラグイン Swiper.jsの使い方

続きを見る

今だけ!5大無料特典あり🎁

コーディングの時給アップにはこちら!


Swiperでブレイクポイントを設定してレスポンシブ対応のスライダーを作る方法

まずは基本となるスライダーを見てみます。

See the Pen
Swiper(矢印、ドットインジケーター)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

前後の矢印、ページネーションが表示されているシンプルなスライダーです。

今回はコードを見やすくする為にページネーションは削除したいと思います。

まずは画面幅500px以上でスライド3枚、500px未満でスライド1枚になるようにしてみます。

画面幅は500px未満にするか、左上のHTML、CSS、JSをクリックして画面幅を狭くしてみて下さい(クリックすると500px未満になるという意味です)

こちらがそのスライダーになります。

See the Pen
Swiper(ブレイクポイント設定)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

HTMLとCSSは特に変わったところはないので、JavaScriptだけコードを見てみます。

const swiper = new Swiper(".swiper", {
  loop: true,
  // 前後の矢印
  navigation: {
    nextEl: ".swiper-button-next",
    prevEl: ".swiper-button-prev",
  },
  // スライドの表示枚数:500px未満の場合
  slidesPerView: 1,
  breakpoints: {
    // スライドの表示枚数:500px以上の場合
    500: {
      slidesPerView: 3,
    }
  }
});

最初に見た基本となるスライダーと違うのは、スライドの表示枚数の設定です。

まずは基本となる表示枚数を設定します。

ブレイクポイントで設定するのは◯◯px以上の処理なので、基本となる表示枚数はそれ以下となります。

なので上記で言えば500px未満のスライド数でslidesPerView: 1,となります(スライド1枚)

そしてbreakpointsでブレイクポイントを設定し、設定したpx以上の場合の処理を書きます。

上記の場合だと「500px以上の場合にスライド3枚表示」となります。

 

ブレイクポイントを複数設定

先ほどはブレイクポイントが1つでしたが、複数設定する場合は以下のようになります。

const swiper = new Swiper(".swiper", {
  loop: true,
  // 前後の矢印
  navigation: {
    nextEl: ".swiper-button-next",
    prevEl: ".swiper-button-prev",
  },
  // スライドの表示枚数:600px未満の場合
  slidesPerView: 1,
  breakpoints: {
    // スライドの表示枚数:600px以上の場合
    600: {
      slidesPerView: 2,
    },
    // スライドの表示枚数:768px以上の場合
    768: {
      slidesPerView: 3,
    },
    // スライドの表示枚数:1025px以上の場合
    1025: {
      slidesPerView: 4,
    },
  },
});

こちらがデモになります。

See the Pen
Swiper(ブレイクポイント複数でスライド数変更)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

これはブログ上では最大で2枚しか表示されないので、右上のCodePenのロゴをクリックしてページを開くと分かりやすいかと思います。

今回はブレイクポイントでスライドの枚数を変えましたが、スライドの枚数以外の設定も出来るという事は覚えておきましょう。

関連記事slick記事一覧
関連記事Swiper記事一覧

 

コーディングの時給と作業効率を上げる!
2年間の実務で実際に使ったコードをまとめた『コーディング&WordPressメモまとめ集』をBrainで公開しています。
  • コピペで使えるWordPressの各テンプレート
  • 実務でよく使う見出し一覧
  • 実務でよく使うテキストのhoverアニメーション
  • 実務でよく使うボタン内の矢印9種類
  • Contact Form 7の色々・・・
などなど、他にもコピペで使えるコードがたくさん載せてあるので、時短=時給アップに繋がります。
さらに『コードのまとめ方が参考になった』というレビューも多数頂いているので、これを元に自分なりの"メモまとめ集"を作るという使い方も出来ます。
740部以上販売し、レビューは410件以上あるので、気になる方は以下のボタンからチェックしてみて下さい👇

今だけ!5大無料特典あり🎁

販売ページとレビューを見てみる


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月間最高9万PV▶︎Twitterのフォロワーは6300人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計750部&450万円突破

-Web制作, Swiper, スライダー