Swiper Web制作 スライダー

【Swiper】ズーム(拡大)しながらフェードで切り替える方法

【Swiper】ズーム(拡大)しながらフェードで切り替える方法
Swiperでズームしながらフェードで切り替える方法ない?

Swiperには様々なオプションがありますが、ズームさせるオプションはありません。

しかし、CSSアニメーションを使えば可能です。

今回はSwiperを使ってズームしながらフェードで切り替わるスライダーをご紹介します。

Swiperの基本的な使い方については以下の記事を参照下さい。

jQuery不要】スライダープラグイン Swiper.jsの使い方

効率よくコーディングしたい人はこちら

Swiperでズーム(拡大)しながらスライドする方法

まずは基本となるスライダーを見てみます。

See the Pen
Swiper(矢印、ドットインジケーター)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

前後の矢印、ページネーションが表示されているシンプルなスライダーです。

これを元に作成していきますが、コード解説の前に完成形のデモを見てみます。

See the Pen
Swiper(ズームしながらフェード切り替え)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

注意ポイント

ページネーション(ドット)をクリックしてスライドを選択するとタイミングによってはズームの動きが止まるので、ページネーションは不要であれば非表示にしてもいいかも知れません。

 

コード解説

今回はコードを見やすくする為に前後の矢印は削除したいと思います。

HTMLはそれ以外は特に変わったところはないので、まずはCSSを見てます。

@keyframes zoomUp {
  0% {
    transform: scale(1);
  }
  100% {
    transform: scale(1.15);
  }
}
.swiper-slide-active .swiper-img,
.swiper-slide-duplicate-active .swiper-img,
.swiper-slide-prev .swiper-img {
  animation: zoomUp 8s linear 0s normal both;
}
.swiper-slide img {
  height: auto;
  width: 100%;
}

最初のコードですが『zoomUp』は任意で付けるアニメーション名なので『fadeZoom』などでも大丈夫です。

その次のtransform: scale(1);からtransform: scale(1.15);になることで『15%拡大する』という意味になります。

拡大率を変えたかったらtransform: scale(1.15);の数値を変更すればOKです。

次のコードはこちらになります。

  • .swiper-slide-active → 現在表示中のスライド
  • .swiper-slide-duplicate-active → ループで最後と最初のスライド切り替え時に付くclass
  • .swiper-slide-prev → 現在表示中の前のスライド

そしてこれらに対して以下のCSSアニメーションを設定しています。

animation: zoomUp 8s linear 0s normal both;

ここに書いているプロパティの設定値は以下をひとまとめにしたものです。

  • animation-name: zoomUp; → アニメーション名
  • animation-duration: 8s; → アニメーション1回分の時間
  • animation-timing-function: linear; → アニメーションの進行スタイル
  • animation-delay: 0s; → アニメーションが開始するまでの時間
  • animation-direction: normal; → アニメーションの再生方向
  • animation-fill-mode: both; → アニメーション実行前後の状態

CSSアニメーションの詳しい解説は別の記事に書くかも知れませんが、今回は割愛します。

補足をすると『animation-name』は最初に@keyframesで書いたアニメーション名です。

あとは『animation-duration』ですが、このあとJavaScriptに書く『daley』と『speed』を足した数値以下だとフェードの切り替わりで一時停止するのでご注意下さい。

例えばdelay: 4000,speed: 2000,の場合はanimation-duration: 6s;だと一時停止します。

なので6s以上であれば大丈夫ですが、数値が大きいほどズームがゆっくりになります。

もし一時停止するようであればこの数値を少し大きくしてみて下さい。

それではJavaScriptを見てみます。

const swiper = new Swiper(".swiper", {
  loop: true,
  effect: "fade", // フェード切り替え
  // 自動再生
  autoplay: {
    delay: 4000, // 4秒後に次のスライドへ
    disableOnInteraction: false, // ユーザーが操作しても自動再生を継続
  },
  speed: 2000, // 2秒かけてフェード
  // ページネーション
  pagination: {
    el: ".swiper-pagination",
    clickable: true,
  },
});

最初に見た基本となるスライダーと違うのは『フェード』『自動再生』『フェードの時間』です。

あとは時間の数値を調整することは可能です。

それでは最後にもう一度完成形を見てみましょう。

See the Pen
Swiper(ズームしながらフェード切り替え)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

以上になります。

関連記事slick関連記事
関連記事Swiper関連記事
関連記事スライダー関連記事

 

コーディング案件の単価と作業効率を上げる!

Brain総合ランキング1位獲得 & 3日で500部突破

累計670部突破

クチコミ約370件
(平均スコア

今だけ!5つの無料特典あり🎁

👇画像をクリック

  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月8.4万PV▶︎Twitterのフォロワーは5700人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計390万円突破

-Swiper, Web制作, スライダー
-,