CSS Web制作

CSSでアルファベット(英語)を大文字・小文字表示にする方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

英語はHTMLで全部大文字にしない方がいいって聞いたけど本当?その場合どうすればいいの?

ヘッダーメニューやセクションタイトルなどで『ABOUT』『NEWS』『CONTACT』などよくあると思います。

しかしアクセシビリティを考慮してコーディングする場合、HTMLにそのまま全部大文字で書くのはよろしくないので、今回はその対処方法を解説します。

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

HTMLで英語を全部大文字で書くのが良くない理由

例えば以下のような書き方をするとします。

<h2>NEWS</h2>

すると、音声読み上げソフトで正しく発音されません。

音声読み上げソフトとは?

音声読み上げソフトとは、テキスト・文字などの文字情報を音声で読み上げるソフトウェアのことです。視覚障害者・弱視・盲ろう者など目の不自由な方がキーボードの操作などによってホームページを閲覧することが可能です。

例えば『NEWS』の場合は『ニュース』ではなく『エヌイーダブリュエス』と読んでしまいます。

それではどうすればいいかと言うと、HTMLでは『News』と書き、CSSで全部大文字にします。

するとブラウザでの見た目は『NEWS』と全部大文字ですが、音声読み上げソフトではちゃんと『ニュース』と読み上げてくれます。

この後いろいろ解説しますが、小文字を全部大文字にする場合はtext-transform: uppercase;を書けばOKです。



CSSでアルファベット(英語)を大文字・小文字表示にする方法

全てのテキストを大文字にするにはtext-transformを使います。

これは大文字にするだけではありません。

none(初期値)全ての文字を変換しない(そのまま)
capitalize単語の先頭を大文字に変換
uppercase全ての文字を大文字に変換
lowercase全ての文字を小文字に変換

1つずつサンプルで見てみましょう。

今回は『JUNPEI blog』というテキストを変換してみます。

ちなみに何も書かなければ初期値のnoneになるので『JUNPEI blog』のままです。

 

単語の先頭を大文字に変換(capitalize)

単語の先頭を大文字にするにはこのように書きます。

h1 {
  text-transform: capitalize;
}

See the Pen
単語の先頭だけ大文字
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

元から大文字のところは変わらず、全部小文字の単語『blog』の先頭だけ大文字になりました。

 

全ての文字を大文字に変換(uppercase)

全ての文字を大文字に変換するにはこのように書きます。

h1 {
  text-transform: uppercase;
}

See the Pen
全ての文字を大文字に変換
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

今度は小文字が全て大文字になりました。

これが今回アクセシビリティを考慮した書き方になります。

 

全ての文字を小文字に変換(lowercase)

全ての文字を小文字に変換するにはこのように書きます。

h1 {
  text-transform: lowercase;
}

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

まとめ

今回はアルファベット(英語)を大文字・小文字表示にする方法を解説してきました。

ちょっと面倒かもしれませんが、アクセシビリティを考慮した書き方を覚えておくとワンランクレベルアップするかと思います。

以上になります。

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-CSS, Web制作