Web制作 HTML

HTMLで多階層メニューを作る方法【書き方に注意!】

ulタグを使った多階層メニューってどうやって作るの?

メニューの下層にさらにメニューを入れたい時はよくあると思います。

簡単に作れますがちょっと間違えるかも知れないので、ここでしっかり確認しておきましょう。

今だけ!5大無料特典あり🎁

コーディングの時給アップにはこちら!


HTMLで多階層メニューを作る方法(ulタグとliタグだけでOK)

多階層メニューを作るには通常のメニューを作るときと同じで『ulタグ』と『liタグ』を使います。

まずは通常のメニューを見てみます。

<ul>
  <li>メニュー1</li>
  <li>メニュー2</li>
  <li>メニュー3</li>
  <li>メニュー4</li>
  <li>メニュー5</li>
  <li>メニュー6</li>
</ul>
ulタグとliタグを使ったメニュー

ulタグとliタグを使ったメニュー

横並びや矢印はCSSを使っています。

そして多階層にする場合は次のようになります。

<ul>
  <li>メニュー1</li>
  <li>
    メニュー2
    <ul>
      <li>下層メニュー1</li>
      <li>下層メニュー2</li>
      <li>下層メニュー3</li>
    </ul>
  </li>
  <li>メニュー3</li>
  <li>
    メニュー4
    <ul>
      <li>下層メニュー1</li>
      <li>下層メニュー2</li>
      <li>下層メニュー3</li>
    </ul>
  </li>
  <li>メニュー5</li>
  <li>メニュー6</li>
</ul>
ulタグとliタグを使った多階層メニュー

ulタグとliタグを使った多階層メニュー

下層メニューを入れたいliタグの中にulタグを入れ子にする形となります。

 

よくあるかも知れない間違い

とても似ているのですが、次のように書くのは間違いです。

<ul>
  <li>メニュー1</li>
  <li>メニュー2</li>
  <ul>
    <li>下層メニュー1</li>
    <li>下層メニュー2</li>
    <li>下層メニュー3</li>
  </ul>
  <li>メニュー3</li>
  <li>メニュー4</li>
  <ul>
    <li>下層メニュー1</li>
    <li>下層メニュー2</li>
    <li>下層メニュー3</li>
  </ul>
  <li>メニュー5</li>
  <li>メニュー6</li>
</ul>

下層のulタグはliタグの中に入れる必要があります。

というのもHTMLのルールとしてulタグの直下に入れられるのは基本的にliタグだけで、上記のようにulタグの直下にulタグは入れられません。

liタグの中にはulタグを書いてもOKです。

ちなみにこのコードだと次のようになります。

ulタグの直下にulタグを入れた場合

ulタグの直下にulタグを入れた場合

ぱっと見た感じでは間違いの方がコードの見た目的に合っているように見えるかもしれないので、間違えないようにしましょう。

以上になります。

 

コーディングの時給と作業効率を上げる!
2年間の実務で実際に使ったコードをまとめた『コーディング&WordPressメモまとめ集』をBrainで公開しています。
  • コピペで使えるWordPressの各テンプレート
  • 実務でよく使う見出し一覧
  • 実務でよく使うテキストのhoverアニメーション
  • 実務でよく使うボタン内の矢印9種類
  • Contact Form 7の色々・・・
などなど、他にもコピペで使えるコードがたくさん載せてあるので、時短=時給アップに繋がります。
さらに『コードのまとめ方が参考になった』というレビューも多数頂いているので、これを元に自分なりの"メモまとめ集"を作るという使い方も出来ます。
レビューは390件以上あるので、気になる方は以下のボタンからチェックしてみて下さい👇

今だけ!5大無料特典あり🎁

販売ページとレビューを見てみる


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月間最高8.4万PV▶︎Twitterのフォロワーは6100人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計700部&420万円突破

-Web制作, HTML