HTML Web制作

【サンプル付き】HTMLで印刷ボタンを作る方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

印刷用のボタンってどうやって作るの?

個人的に実案件ではあまり実装したことはありませんが、いざデザインに印刷ボタンがあった時に、

どうやって実装するんだっけ?

となったので、今回の記事でご紹介します。

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

HTMLで印刷ボタンを作る方法

印刷ボタンを作るにはHTMLのonclick属性を使います。

名前からイメージ出来ると思いますが、クリックした時の処理を指定するイベント属性になります。

なので今回は『クリックしたら画面を印刷』という内容になります。

早速サンプルを見てみましょう(CSSは無視して下さい)

See the Pen
印刷用ボタン
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

印刷ボタンが4つあります。

どれをクリックしても印刷プレビューが表示されますが、それぞれの違い(書き方)は以下になります。

<!-- aタグの場合 -->
<a href="javascript:void(0)" onclick="window.print(); return false;">印刷(aタグ)</a>

<!-- inputタグの場合 -->
<input type="button" value="印刷(inputタグ)" onclick="window.print();" />

<!-- buttonタグの場合 -->
<button type="button" onclick="window.print();">印刷(buttonタグ)</button>

<!-- spanタグの場合 -->
<span onclick="window.print();">印刷(spanタグ)</span>

aタグのhrefは未記入や『#』が入っていると、印刷ボタンを押した後にページトップに遷移してしまうので、それを回避するためにhref="javascript:void(0)"とその後にreturn false;を記述しています。

ただしブラウザのバージョンが古かったりJavaScriptが無効になっている場合はエラーが発生する事があるので、aタグである必要がなければ別の方法で作成した方がいいかと思います。

aタグ以外の場合はカーソルを乗せてもポインターが表示されないので、cursor: pointer;でカーソルが表示されるようにした方がボタンだと分かりやすくなるかと思います。

短いですが以上になります。

あわせて読みたい
印刷用のCSSを書く方法(印刷範囲の指定方法も解説)
印刷用のCSSを書く方法(印刷範囲の指定方法も解説)

続きを見る

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-HTML, Web制作