Web制作 jQuery

【jQuery】フッター手前で止まるページトップへ戻るボタンの作り方

フッターに重ならないようにページトップへ戻るボタンを作りたいけどどうすればいいんだろう?

以前こちらで紹介したページトップボタンの作り方は、一番下にピッタリくっついた状態で表示され、一番下にスクロールされるまでそのままというタイプでした。

しかし実際のサイトでは一番下にはフッターがあり、以下のどちらかであることが多いです。

  1. フッターに重ならないようにページトップボタンは少し上に表示させる
  2. フッターまでは一番下に表示させ、フッターまで来たらそこで止まる

そして今回は後者の作り方を解説していきます。

今だけ!5大無料特典あり🎁

コーディングの時給アップにはこちら!


jQueryを使ったフッター手前で止まるページトップへ戻るボタンの作り方

まずは今回の完成形を見てみます。

See the Pen
フッター手前で止まるページトップボタン
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

フッターまでは一番下に表示されますが、フッターの手前でボタンは止まるようになっています。

今回はjQueryを使うので、jQuery本体の読み込みを忘れないようにしましょう。

jQueryを使ったことがない人はこちらの記事を参照下さい。

参考記事
【初心者向け】jQueryとは?CDNを使った本体の読み込み方についても分かりやすく解説
【初心者向け】jQueryとは?CDNを使った本体の読み込み方についても分かりやすく解説

続きを見る

 

コード解説

それでは順番に解説していきます。

ページトップボタンの作り方は以下の記事に書いているので、共通する部分の解説は割愛します。

参考記事
【コピペOK!】jQueryを使ったスクロールで表示されるページトップへ戻るボタンの作り方
【コピペOK!】jQueryを使ったスクロールで表示されるページトップへ戻るボタンの作り方

続きを見る

HTMLに関しては基本的に上記の記事にフッターが追加されただけです。

<footer class="footer">
  <small>Copyright © 2022 じゅんぺいブログ</small>
</footer>

CSSについても先ほどの記事とほぼ同じで、フッターのCSSが追加されたのと、1つ違う点はbodyにposition: relative;が追加された点です。

body {
  position: relative;
}
.footer {
  background-color: #000;
  padding: 20px 0;
}
.footer p {
  color: #fff;
  font-size: 16px;
  text-align: center;
}

そしてjQueryですが、ページトップボタンについてはこちらの記事と同じです。

今回追加されたのは『フッター手前でストップ』以下のコードです。

// ページトップボタン
$(function () {
  const pageTop = $("#page-top");
  pageTop.hide();
  $(window).scroll(function () {
    if ($(this).scrollTop() > 100) {
      pageTop.fadeIn();
    } else {
      pageTop.fadeOut();
    }
  });
  pageTop.click(function () {
    $("body,html").animate(
      {
        scrollTop: 0,
      },
      500
    );
    return false;
  });
  // フッター手前でストップ
  $("#page-top").hide();
  $(window).on("scroll", function () {
    scrollHeight = $(document).height();
    scrollPosition = $(window).height() + $(window).scrollTop();
    footHeight = $("footer").innerHeight();
    if (scrollHeight - scrollPosition <= footHeight) {
    // ページトップボタンがフッター手前に来たらpositionとfixedからabsoluteに変更
      $("#page-top").css({
        position: "absolute",
        bottom: footHeight,
      });
    } else {
      $("#page-top").css({
        position: "fixed",
        bottom: "0",
      });
    }
  });
});

コピペして頂ければ使えます。

ここでやっていることは以下になります。

  • ページトップボタンがフッター手前に来たらpositionをfixedからabsoluteに変更
  • さらにbottomはフッターの高さを取得に設定(footHeight)

bottom: footHeight,position: absolute;時の位置をフッターの高さに設定しているのがポイントですね。

以上になります。

 

コーディングの時給と作業効率を上げる!
2年間の実務で実際に使ったコードをまとめた『コーディング&WordPressメモまとめ集』をBrainで公開しています。
  • コピペで使えるWordPressの各テンプレート
  • 実務でよく使う見出し一覧
  • 実務でよく使うテキストのhoverアニメーション
  • 実務でよく使うボタン内の矢印9種類
  • Contact Form 7の色々・・・
などなど、他にもコピペで使えるコードがたくさん載せてあるので、時短=時給アップに繋がります。
さらに『コードのまとめ方が参考になった』というレビューも多数頂いているので、これを元に自分なりの"メモまとめ集"を作るという使い方も出来ます。
レビューは390件以上あるので、気になる方は以下のボタンからチェックしてみて下さい👇

今だけ!5大無料特典あり🎁

販売ページとレビューを見てみる


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月間最高8.4万PV▶︎Twitterのフォロワーは6100人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計700部&420万円突破

-Web制作, jQuery