WordPress

『All-in-One WP Migration』のデータ移行後に投稿記事を復元させる方法

『All-in-One WP Migration』を使ってWordPressのデータを移行をしたいけど、移行先の投稿データを消さないようにする方法ない?

これは新しいテーマを作成して『All-in-One WP Migration』を使って既存のサイトに移行すると、既存サイトの『投稿データ、固定ページ、メディアライブラリ』などが消えてしまうので、これを消えないようにする、というより復元させる方法について解説していきます。

ただしあくまでも私のやり方なので、他にもっといい方法があるかも知れません。。。

作業前には必ずバックアップをとり、全て自己責任にてお願いいたします。

今だけ!5大無料特典あり🎁

コーディングの時給アップにはこちら!


『All-in-One WP Migration』のデータ移行の際、投稿記事を復元する方法

まずは今回のおおまかな手順について書きます。

  1. 移行先の投稿データのバックアップを取る(標準機能)
  2. 『All-in-One WP Migration』でデータを移行(移行先の投稿データ等消える)
  3. 『WordPress Importer』で移行先に①で取ったバックアップをインポート(復元)する

記事の移行には『All-in-One WP Migration』ではなく、標準機能である『WordPress Importer』を使うって事ですね。

 

移行先の投稿データのバックアップを取る(標準機能)

まずは移行先の管理画面の『 ツール → エクスポート』から、移行先の投稿データのバックアップを取ります。

WordPress管理画面:ツール → エクスポート

WordPress管理画面:ツール → エクスポート

エクスポートする内容はすべてのコンテンツでOKです。

WordPress管理画面:エクスポート(すべてのコンテンツを選択してダウンロード)

WordPress管理画面:エクスポート(すべてのコンテンツを選択してダウンロード)

そしてダウンロードを実行すると以下のようなファイルがダウンロードできます。

WordPress管理画面:エクスポートしたファイル

WordPress管理画面:エクスポートしたファイル

 

『All-in-One WP Migration』でデータを移行

『All-in-One WP Migration』を使ったデータの移行方法については以下の記事で詳しく解説しています。

参考記事
【WordPress】All-in-One WP Migrationの使い方【容量を上げる方法も解説】
【WordPress】All-in-One WP Migrationの使い方【容量を上げる方法も解説】

続きを見る

まず移行する前に『All-in-One WP Migration』で移行先のバックアップを取っておきましょう。

これは万が一復元に失敗した時に元に戻せるように取っておくものです。

また上記の記事でも書いていますが、移行すると投稿データである『記事ページ、固定ページ、メディアライブラリ』などが全て移行元の状態となり、移行先の物は全て消えます。

ただしプラグインは消えずに残ります。

これが移行元のプラグイン一覧。

移行元のプラグイン一覧

移行元のプラグイン一覧

これが移行先のプラグイン一覧。

移行先のプラグイン一覧

移行先のプラグイン一覧

そしてこれが移行後の移行先のプラグイン一覧。

移行後の移行先のプラグイン一覧

移行後の移行先のプラグイン一覧

移行先にあったプラグインは有効化から停止になっていますが、消えてはいません。

そして次に消えてしまった『記事ページ、固定ページ、メディアライブラリ』などを復元していきます。

 

『WordPress Importer』を使って投稿データを復元する

それでは移行先で消えてしまった記事ページなどを復元していきます。

まずは管理画面の『ツール → インポート』から、先ほど取得しておいた移行先のバックアップをインポートします。

WordPress管理画面:ツール → インポート

WordPress管理画面:ツール → インポート

そして次の画面でWordPressの『今すぐインストール』をクリックすると『インポーターの実行』と表示が変わるのでそのままクリックします。

WordPress管理画面:ツール → インポート(『今すぐインストール』して『インポーターの実行』をクリック)

WordPress管理画面:ツール → インポート(『今すぐインストール』して『インポーターの実行』をクリック)

するとこちらが表示されるので『ファイルを選択』から移行先のバックアップファイルを選択して『ファイルをアップロードしてインポート』をクリックします。

WordPressのインポート(投稿データなどをインポート)

WordPressのインポート(投稿データなどをインポート)

ファイルはドラッグ&ドロップでもOKです。

ファイルが選択されると『ファイルをアップロードしてインポート』が有効化されます。

WordPressのインポート(投稿データなどをインポート)

WordPressのインポート(投稿データなどをインポート)

この次のページで『添付ファイルをダウンロードしてインポートする』にチェックを入れます。

ここにチェックを入れないとメディアライブラリに画像が反映されません。

WordPressのインポート:『添付ファイルをダウンロードしてインポートする』にチェックを入れて『実行』

WordPressのインポート:『添付ファイルをダウンロードしてインポートする』にチェックを入れて『実行』

そして実行をして次の表示になれば完了です。

WordPressのインポート完了

WordPressのインポート完了

これで移行先には移行前の『記事ページ、固定ページ、メディアライブラリ』が復元しました。

しかし移行した移行元の『記事ページ、固定ページ、メディアライブラリ』も残っているので、必要に応じて削除するなりしましょう。

以上になります。

あわせて読む
【WordPress】All-in-One WP Migrationの使い方【容量を上げる方法も解説】
【WordPress】All-in-One WP Migrationの使い方【容量を上げる方法も解説】

続きを見る

あわせて読む
『All-in-One WP Migration』で納品時の上書きやバージョン違いなどの注意点を解説
『All-in-One WP Migration』で納品時の上書きやバージョン違いなどの注意点を解説

続きを見る

 

コーディングの時給と作業効率を上げる!
2年間の実務で実際に使ったコードをまとめた『コーディング&WordPressメモまとめ集』をBrainで公開しています。
  • コピペで使えるWordPressの各テンプレート
  • 実務でよく使う見出し一覧
  • 実務でよく使うテキストのhoverアニメーション
  • 実務でよく使うボタン内の矢印9種類
  • Contact Form 7の色々・・・
などなど、他にもコピペで使えるコードがたくさん載せてあるので、時短=時給アップに繋がります。
さらに『コードのまとめ方が参考になった』というレビューも多数頂いているので、これを元に自分なりの"メモまとめ集"を作るという使い方も出来ます。
レビューは390件以上あるので、気になる方は以下のボタンからチェックしてみて下さい👇

今だけ!5大無料特典あり🎁

販売ページとレビューを見てみる


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月間最高8.4万PV▶︎Twitterのフォロワーは6100人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計700部&420万円突破

-WordPress
-