CSS Web制作

CSSで右側に謎の余白が出来た時の原因究明と対処方法【横スクロール問題】

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

画面の右側に謎の余白があって横スクロールしちゃうけど原因が分からない・・・

これは初心者あるあるなんですが、画面の右側に意図しない余白が出来てしまうことがあります。

このような感じで少しですが横スクロール出来てしまいます。

See the Pen
右側に余白
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

右側に白い余白が見えると思います。

こちらが上記のスクショですが、下に横スクロールバーも表示されてしまっています。

右に余白と横スクロールバー

右に余白と横スクロールバー

実際は2pxとかほんの僅かな余白の場合が多いと思いますが、それも当然NGなので、今回はその原因を探す方法と対処方法を解説します。

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

右側に謎の余白が出来た時の原因究明と対処方法

まずは原因ですが、これは単純でほとんどの場合はコンテンツの幅が画面幅を超えているからです。

例えばコンテンツの幅が100%以上とか、width: 500px;など固定幅にしているとあり得ます。

画像などがはみ出ていれば見ればすぐ分かりますが、分からない箇所もあると思います。

その場合はCSSに以下のコードを書いてみましょう(太さや色は変更してOKです)

* {
  outline: 2px solid blue;
}

するとこのようになります。

See the Pen
右側に余白(outline)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

全ての要素に青い線が付きました。

そして横スクロールしてみると、その原因となる箇所が分かります。

右側の余白の原因を特定

右側の余白の原因を特定

あとはその箇所の幅を適切に指定するだけです。

 

デベロッパーツールを使う方法

他に以下のような方法があります。

こちらのコードをコピーして『デベロッパーツール → Console → コードをコピペ → enterキー』とすると、全要素に線が付くだけでなく原因箇所を表示してくれます。

const width = document.documentElement.clientWidth;
$$("*").forEach((el) => {
  el.style.outline = "1px solid tomato";
  if (width < el.clientWidth) console.log(el);
}); 
デベロッパーツールのConsole

デベロッパーツールのConsole

ページが長い時などはこの方法の方が素早く見つけられるかと思います。

まとめ

今回は画面の右側に謎の余白が出来た時の原因究明と対処方法について解説しました。

冒頭でも書いた通り初心者あるあるなので、しっかりチェックして原因を究明して余白を削除するようにしましょう。

以上になります。

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-CSS, Web制作