jQuery Web制作

Ripplesで水面に広がる波紋エフェクトを作る方法【jQueryプラグイン】

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

カーソルの動きに合わせて水面にゆらゆらと波紋が広がるエフェクトを見たけど、あれってどうやるの?

今回解説するのは、カーソルの動きに合わせて水面に波紋が広がるようなエフェクトを実装できる『Ripples』という、jQueryのプラグインになります。

これは、カーソルを動かしたり、クリックすることで波紋を発生させられます。

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

Ripplesで水面に広がる波紋エフェクトを作る方法

RipplesはjQueryのプラグインなので、jQueryを読み込む必要があります。

jQueryを使ったことがない人は、まずは以下の記事を参照下さい。

【初心者向け】jQueryとは?CDNを使った本体の読み込み方についても分かりやすく解説
【初心者向け】jQueryとは?CDNを使った本体の読み込み方も分かりやすく解説

続きを見る

また、RipplesはiPhoneではタップすれば反応しますが、パソコンと違ってカーソルの移動などはないので、スマホではOFFにしておいた方がいいかも知れません。

それでは解説していきます。

 

CDNでRipplesを読み込む

Ripplesを使うには、ファイルをダウンロードして読み込むか、CDNを使います。

今回はCDNを使って読み込みますが、ファイルをダウンロードして使いたい人は、以下のページからファイルをダウンロードして下さい。

sirxemic/jquery.ripples: Add a water ripple effect to your background using WebGL.

そしてCDNで読み込む方法ですが、CDNは以下のページに最新版が載っています。

jquery.ripples CDN by jsDelivr - A CDN for npm and GitHub

Ripples:CDN

Ripples:CDN

HTMLでは、body閉じタグあたりでjQueryと一緒に読み込みましょう。

  <!-- jQuery -->
  <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jquery/3.7.1/jquery.min.js"></script>
  <!-- Ripples -->
  <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/jquery.ripples@0.6.3/dist/jquery.ripples.min.js"></script>
</body>

 

コード解説

それではコードを解説していきます。

HTMLとCSSは特に変わったところはありませんが、今回のポイントとしては『画面全体であるbodyタグの背景画像が対象』ということくらいです。

デモに使うCodePenですが、bodyタグはすでに書かれている状態なので、自分では省略しています。

<section>
  <h1>じゅんぺいブログ</h1>
</section>

CSSも変わった点はありませんが、bodyタグのコードだけ載せておきます。

body {
  background-image: url(背景画像パス);
  background-position: center;
  background-repeat: no-repeat;
  background-size: cover;
  height: 100%;
  min-height: 600px;
  padding-top: 50px;
  width: 100%;
}

全てのコードが見たい場合は、CodePenの左上にある『HTML / CSS / JS』をクリックして下さい。

そして重要なのがJavaScriptですが、最低限のコードはこちらです。

$("セレクタ名").ripples();

今回はbodyタグなので、こうなります。

$("body").ripples();

もし以下のsectionタグに適用する場合は、

<section class="sample">
  <h1>じゅんぺいブログ</h1>
</section>

こうなります。

$(".sample").ripples();

こちらがデモになります。

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

全体の背景画像にだけ、Ripplesが適用されていて、前面にあるsection要素に関しては適用されていないのが分かります。

カーソルを動かすだけではなく、クリックしても反応するので試してみて下さい。

大きな画面で見たい場合は、右上の『EDIT ON CODEPEN』をクリックして下さい。


Ripplesのオプション

先ほどは最低限のコードでしたが、オプションがいくつかあります。

オプション名初期値効果
dropRadius20波紋の大きさ(値が大きいほど大きくなる)
perturbance0.03波紋による屈折量(値が大きいほどブレる)
resolution256波紋の広がりの速度(値が大きいほど遅くなる)

書き方はこちらです。

$("body").ripples({
  dropRadius: 20, // 波紋の大きさ(値が大きいほど大きくなる)
  perturbance: 0.03, // 波紋による屈折量(値が大きいほどブレる)
  resolution: 256, // 波紋の広がりの速度(値が大きいほど遅くなる)
});

それでは、1つずつ数値を変えた状態で見てみたいと思います。

 

dropRadius(20 → 100)

$("body").ripples({
  dropRadius: 100, // 波紋の大きさ(値が大きいほど大きくなる)
});

See the Pen
Ripplesで水面に広がる波紋エフェクト()
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

デフォルトより、かなり大きく揺れているのが分かります。

 

dropRadius(20 → 5)

$("body").ripples({
  dropRadius: 5, // 波紋の大きさ(値が大きいほど大きくなる)
});

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

デフォルトより、揺れが小さいのが分かります。

 

perturbance(0.03 → 0.1)

$("body").ripples({
  perturbance: 0.1, // 波紋による屈折量(値が大きいほどブレる)
});

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

デフォルトより、激しく揺れているのが分かります。

 

perturbance(0.03 → 0)

$("body").ripples({
  perturbance: 0, // 波紋による屈折量(値が大きいほどブレる)
});

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

デフォルトより、揺れが静かなのが分かります。

 

resolution(256 → 700)

$("body").ripples({
  resolution: 700, // 波紋の広がりの速度(値が大きいほど遅くなる)
});

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

デフォルトより、ゆっくり動いているのが分かります。

 

resolution(256 → 100)

$("body").ripples({
  resolution: 100, // 波紋の広がりの速度(値が大きいほど遅くなる)
});

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

デフォルトより、早く動いているのが分かります。

まとめ

今回は、Ripplesを使ってカーソルの動きに合わせて水面に波紋が広がるようなエフェクトを実装する方法を解説しました。

使う機会はほとんどなさそうですが、実務では1回だけ使ったことがあるので、コーダーやデザイナーは引き出しの1つとして知っておいて損はないかと思います。

あとはオプションで好みの揺れ具合に調整してみましょう。

以上になります。

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-jQuery, Web制作