Splide Web制作 スライダー

【Splide】スライダーにプログレスバーを表示させる方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Splideでプログレスバーって表示する方法ある?

プログレスバーとは、

長時間かかるタスクの進捗状況がどの程度完了したのかを視覚的・直感的に表示するもの

引用:プログレスバー - Wikipedia

というもので、ローディングで徐々に伸びていくバーのようなものです。

実際見た方が分かるかと思うので、早速見ていきましょう。

Splideの基本的な使い方についてはこちらの記事を参照下さい。

あわせて読みたい
【2023年最新】Splideの使い方とよく使うオプション・カスタマイズ方法を解説
【2024年最新】Splideの使い方とよく使うオプション・カスタマイズ方法を解説

続きを見る

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

Splideスライダーにプログレスバーを表示させる方法

まずは基本となるスライダーを見てみましょう。

See the Pen
Splide:基本形
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

前後の矢印、ページネーションが表示されているシンプルなスライダーです。

このスライダーの下にプログレスバーを表示させたいと思います。

 

コード解説

それではコードを解説していきます。

 

HTML

まずHTMLはこちらです。

<div class="splide" role="group" aria-label="プログレスバーを表示">
  <div class="splide__track">
    <div class="splide__list">
      <div class="splide__slide">
        <img src="画像パス1" alt="" />
      </div>
      <div class="splide__slide">
        <img src="画像パス2" alt="" />
      </div>
      <div class="splide__slide">
        <img src="画像パス3" alt="" />
      </div>
    </div>
  </div>
  <!-- プログレスバー -->
  <div class="my-carousel-progress">
    <div class="my-carousel-progress-bar"></div>
  </div>
</div>

これは基本形と違うのは最後手前の3行になります。

 

CSS

CSSはこちらです。

/* プログレスバーのスタイル */
.my-carousel-progress {
  background-color: #ccc;
}
.my-carousel-progress-bar {
  background-color: greenyellow;
  height: 10px;
  transition: width 1000ms ease;
  width: 0;
}
/* スライドのサイズ調整 */
.splide__slide img {
  height: auto;
  width: 100%;
}

HTMLで書いたコードに対してスタイルをあてます。

ポイントはtransitionの時間で、ここJavaScriptのspeedと同じ数字にしましょう。

そうしないとスライドの移動時間とプログレスバーの動く時間が合わなくなります。

色や高さは自由に変更して下さい。

 

JavaScript

そしてJavaScriptはこちらです。

const splide = new Splide(".splide", {
  autoplay: true, // 自動再生
  type: "loop", // ループさせる
  pagination: false, // ページネーションを非表示
  pauseOnHover: false, // カーソルが乗ってもスクロールを停止させない
  pauseOnFocus: false, // 矢印をクリックしてもスクロールを停止させない
  interval: 2000, // 自動再生の間隔
  speed: 1000, // スライダーの移動時間
});

const bar = splide.root.querySelector(".my-carousel-progress-bar");

// Splideの初期化が終わった際、またはスライドが切り替わる際にバーの長さを更新する
splide.on("mounted move", function () {
  const end = splide.Components.Controller.getEnd() + 1;
  const rate = Math.min((splide.index + 1) / end, 1);
  bar.style.width = String(100 * rate) + "%";
});

splide.mount();

JavaScriptはclass名だけ確認すればコピペで大丈夫で、あとは最初にある通常のオプションで調整をしましょう。

ページネーションは今回非表示にしています。

 

デモ

そしてこちらがデモになります。

See the Pen
Splide:プログレスバーを表示
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

スライダーの下に表示されているのがプログレスバーになります。

今回は分かりやすくするために高めにしてあります。

まとめ

今回はSplideでプログレスバーを表示させる方法を解説してきました。

HTML・CSS・JavaScriptと全て追記する必要があるのでちょっと難しいかも知れませんが、とりあえずコピペして表示されるか確認してみましょう。

以上になります。

関連記事slick記事一覧
関連記事Swiper記事一覧
関連記事Splide記事一覧

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-Splide, Web制作, スライダー