Swiper Web制作 スライダー

【Swiper】スライドの総数と現在のスライドが何番目か表示させる方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Swiperのスライダーでスライドの数って表示出来ない?
スライドの総数と現在のスライドが何番目か表示させられるよ!

スライダーの下に 1 / 4 という感じで枚数が表示されているデザインがたまにあります。

今回はSwiperでスライドの総数と現在のスライドが何番目か表示させるスライダーの作り方を解説していきます。

Swiperの基本的な使い方についてはこちらの記事を参照下さい。

あわせて読みたい
【jQuery不要】スライダープラグイン Swiper.jsの使い方
【2024年最新Ver11】Swiperの使い方とよく使うオプション・カスタマイズ方法を解説

続きを見る

またSwiperには色々カスタマイズが出来るオプションがあるので、そちらも合わせて活用すると実装出来るスライダーの幅が広がります。

あわせて読みたい
【Swiper】カスタマイズ用オプションまとめ一覧
【Swiper】カスタマイズ用オプションまとめ一覧

続きを見る

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

Swiperでスライドの総数と現在のスライドが何番目か表示させる方法

まずは基本となるスライダーを見てみます。

See the Pen
Swiper(矢印、ドットインジケーター)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

前後の矢印、ページネーションが表示されているシンプルなスライダーです。

今回の枚数は下にあるページネーションの位置に表示させたいので、ページネーションは非表示にさせます。

というより、ページネーションのタイプを変えるので、●ではなくなるという感じになります。

こちらが元のJavaScriptです。

const swiper = new Swiper(".swiper", {
  loop: true,
  // ページネーション
  pagination: {
    el: ".swiper-pagination",
    clickable: true, // クリック有効化
  },
  // 前後の矢印
  navigation: {
    nextEl: ".swiper-button-next",
    prevEl: ".swiper-button-prev",
  },
});

そしてこちらが今回のコードです。

const swiper = new Swiper(".swiper", {
  loop: true,
  // ページネーション
  pagination: {
    el: ".swiper-pagination",
    type: "fraction", // 枚数表示
    // clickable: true, 無効化
  },
  // 前後の矢印
  navigation: {
    nextEl: ".swiper-button-next",
    prevEl: ".swiper-button-prev",
  },
});

pagination のオプションに type: "fraction", を追加しました。

またページネーションのタイプを枚数にするとクリックが無効化されるので、クリックを有効化する clickable: true, は削除してOKです。

slickでも同じように枚数を表示させる事が出来ますが、ちょっと多めのコードを書く必要があったのでそれと比べると1行で表示出来るのは非常に楽ですね。

あわせて読みたい
【slick】スライドの総数と現在のスライドが何番目か表示させる方法
【slick】スライドの総数と現在のスライドが何番目か表示させる方法

続きを見る

そしてこちらが枚数を表示させたスライダーです。

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

 

枚数表示をカスタマイズ

枚数表示のフォントサイズや色を変えたい場合は、以下のようなコードを追記すればOKです。

.swiper-pagination {
  color: #fff; // 色
  font-size: 30px; // フォントサイズ
  font-weight: 700; // 太さ
  letter-spacing: 0.2em; // 文字間隔
  margin-bottom: 50px; // 下の余白
}

もちろん上記はサンプルなので、ご自身の環境に合わせて変更して頂ければと思います。

そして上記コードを追記した場合はこのようになります。

See the Pen
Swiper(枚数を表示:カスタマイズ)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

まとめ

今回はSwiperスライダーでスライドの総数と現在のスライドが何番目か表示させる方法を解説しました。

先ほども書きましたが、同じスライダープラグインのslickと比べると断然簡単に出来ます。

実務でもたまにある実装なので、ぜひ出来るようになっておきましょう。

以上になります。

関連記事slick記事一覧
関連記事Swiper記事一覧
関連記事Splide記事一覧

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-Swiper, Web制作, スライダー