Web制作 ノウハウ

【Web制作初心者向け】コーディングやデザインの勉強でおすすめしたい本まとめ

コーディングやデザインの勉強におすすめの本あったら教えて

今回はこんな声にお応えしていきます。

Web制作の勉強方法は様々ですが、今回は書籍で勉強したい方向けの記事となります。

今まで自分が購入して良かったものから、周りで持っている人が多い評判のいい本まで幅広くご紹介していきます。

このブログを見ている方にはご自身の目的に合ったものが必ず見つかると思います。

またAmazonではレビューも沢山書いてあるので、購入するかどうかはレビューを見て判断してもいいかと思います。

コーディングの書籍

まずはコーディングの基礎からですね。

HTML5/CSS3モダンコーディング

こちらはこのブログでも何度かご紹介していますが、私が一番最初に買った教材本です。

今見ると少し古い書き方が見られるかも知れませんが、本が苦手な自分が2周出来たので本当の初心者にはおすすめです。

使い方としては見たままコードを書く写経という使い方がいいかと思います。

コーディング始めたばかりの人はまず写経して、ちゃんとPCに本の通り表示される感動を味わいましょうw

写経と模写の違い

コーディングの勉強方法として有名な模写ですが、これは実際のサイトを見てそれを再現していくものになります。

そして写経は本などに書いてあるコードをそのまま同じように書いていく事です。

1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

こちらは非常に有名な本ですね。

Webサイトの仕組み、HTMLとは?、CSSとは?など、Web制作をこれから始める人におすすめ出来る本となります。

またこちらも同じ著者の本となります。

 

教科書では教えてくれないHTML&CSS

こちらは発売直後にTwitterでも話題になっていました。

Amazonではサンプルとして10ページほど見れますが「ゼロからコーディングする力をつける」と書いてある通り、コーディングを始める前の考え方から書かれているので技術的な事より前の事から学べます。

 

CSSの書籍

ここではCSSに特化した本をご紹介します。

Web制作者のためのCSS設計の教科書

こちらは私が今でも持っているとても有名な本となります。

教科書と書いてありますがCSSを全く知らないとさっぱりだと思うので、ある程度CSSを理解して模写やコーディング教材をこなせるようになったら読んでみるといいと思います。

 

CSS設計完全ガイド

こちらも非常に有名な本で、私はKindle版で持っています。

CSSを書けるようになって仕事をこなすようになっても、何度も見返したいと思える内容になっています。

特に自己流で勉強してきた方などは持っておくといいかと思います。

 

Sassの書籍

効率的にコーディングをするにはSassの習得が必須となります。

Web制作者のためのSassの教科書

こちらは先ほどのCSSの本と同じシリーズとなり、私も今でも持っています。

Sassとは何か?から始まり、Sassの基本からよく使う機能など詳しく書かれています。

私もまだ使いこなせていない機能などかなりのボリュームで書かれているので、Sassについてはこの1冊があれば問題ないと思います。

 

JavaScriptの書籍

サイトに動きを付けるのに必要なJavaScriptについて学べる本をご紹介します。

スラスラ読める JavaScript ふりがなプログラミング

こちらはJavaScriptはなんぞや?という方向けの本となっており、私も以前持っていました。

中身はひらがなが多いので子供向けみたいですw

この本は本が苦手な自分でも一気に読めたのでおすすめです。

 

確かな力が身につくJavaScript「超」入門

こちらは以前私が持っていて「超」入門と書いてありますが、本当に超入門なのは最初にご紹介した本の方なのでJavaScript初めてだよ~って人はまずは先ほどの本を読む事をおすすめします。

 

jQueryの書籍

jQueryはJavaScriptのためのライブラリとなり、JavaScriptをシンプルに書くことが出来ます。

JavaScriptは結構難しいので、JavaScriptで心が折れそうになったらjQueryから勉強するのがおすすめです。

jQuery最高の教科書

こちらは以前私が持っていた本で、jQuery本の中でもレビューが多い有名な本です。

先ほどご紹介した「確かな力が身につくJavaScript「超」入門」よりかなり見やすいと思います。

個人的には「確かな力が身につくJavaScript「超」入門」よりこちらを先に読んだ方が勉強が捗るような気がします。

 

WordPressの書籍

WordPressに関する本も沢山ありますが、ここでおすすめするのは1冊だけにします。

いちばんやさしいWordPressの教本

こちらは以前私が持っていた本で、タイトル通りやさしいというかWordPressを1から勉強したい人向けの内容となっています。

Lightningという無料のWordPressテーマを使った制作方法など載っています。

ちなみにLightningを使ったサイト制作についてはこちらのブログでもご紹介しています。

WordPressテーマLightningとは?

Lightningを使ってサイト作成(前編)

Lightningを使ってサイト作成(後編)

 

あと本ではないのですが、こちらの本が終わったら動画での学習がおすすめです。

WordPressは実際にどこをクリックしてるとかどこにどのファイルがあるとか動画で見た方がイメージしやすいと思います。

私が実際に購入して受講したのはこちら。

WordPress開発マスター講座

非常に人気のあるUdemyでは鉄板の講座ですね。

ただ後半結構難しい所もあるので、分かる所までとりあえず進む感じでいいかと思います。

またUdemyでは色んな講座があるので、一度気になる講座がないか探してみるのもいいですね。

 

Gitの書籍

コーダーとして仕事をする際、必須スキルではないけどたまに必要となるのがGit。

Web制作の学習初期から勉強する必要はないと思いますが、もしコーディングの仕事を始めているのであれば覚えておいて損はありません。

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門

こちらは私が持っている本の改訂版ですね。

漫画で説明されているので活字が苦手な方でも読みやすいです。

Git初めての人におすすめです(SourceTreeを中心に解説されています

 

Web制作の書籍

速く正確なWeb制作のための実践的メソッド

こちらは私が持っている本で、Web制作の流れについて学ぶことが出来ます。

Web制作の学習初期には必要ないかも知れませんが、実際の仕事の流れが分かるので仕事を始める段階に来たら見てみるといいかも知れません。

こちらは制作フローやコーディングガイドライン、さらにディレクションについても書かれています。

 

デザインの書籍

私はデザインはやっていないのですが、やろうとした時期があり何冊か購入しましたw

その時購入した本をご紹介します。

なるほどデザイン

非常に有名な本でレビューの数も大量にあり高評価です。

次からの3冊は人気のシリーズ物です。

ほんとに、フォント。

けっきょく、よはく。

あたらしい、あしらい。

「あたらしい、あしらい」は持ってませんでしたが、こちらも評判のいいデザイン系の本となります。

 

ノンデザイナーズ・デザインブック

こちらも持っていませんがレビュー数も多く高評価で、デザイン本のおすすめとしてよく目にする本です。

デザインを本気で勉強しようと思っている方はいかがでしょうか?

 

まとめ

書籍は結構かさばるので、電子書籍がいいという人もいると思います。

AmazonでもKindle版 (電子書籍)として購入できますが、他にも電子書籍を扱ってるサービスは沢山あります。

私も今持っている本を電子書籍に買い替えようかと思っていますw

以上になります。

-Web制作, ノウハウ