お問い合わせフォーム WordPress

【Contact Form 7】『サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています』の原因と対処法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Contact Form 7の受信メール設定で『サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています』ってエラーが出たけどどうすればいいの?

今回はこの問題について解説します。

Contact Form 7の基本的な使い方については以下の記事を参照下さい。

あわせて読みたい
Contact Form 7の基本的な使い方【WordPressお問い合わせフォームの定番プラグイン】
Contact Form 7の基本的な使い方【WordPressお問い合わせフォームの定番プラグイン】

続きを見る

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

Contact Form 7で表示される「サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています」の原因と対処法

まず今回のエラーですが、これはContact Form 7の受信メール設定で発生するエラーになります。

管理画面左のお問い合わせ(コンタクトフォーム)を開くと『1件の設定エラーを検出しました』と表示されているのが確認できます。

Contact From 7:エラー表示

Contact From 7:エラー表示

そして編集画面を開くとメールタブにエラーがあるのが分かるので、メールタブを開きます。

Contact From 7:エラー(メールタブ)

Contact From 7:エラー(メールタブ)

そして送信元に今回のエラーが表示されています。

Contact From 7:メールタブ送信元エラー

Contact From 7:メールタブ送信元エラー

この『送信元』は送信元のメールアドレスを設定する項目です(送信先は受信したいメールアドレスを記入)

例えばフォームタブでお問い合わせする人のメールアドレスを入力する欄を[your-email]と設定するとします。

そしてメールタブに[your-email]と書けば入力されたメールアドレスが表示されるので、送信元に[your-email]と書けば相手のメールアドレスが表示され返信出来ると思いますが・・・エラーが表示されます。

フォームタブとメールタブの関係については以下の記事を参照下さい。

あわせて読みたい
Contact Form 7の基本的な使い方【WordPressお問い合わせフォームの定番プラグイン】
Contact Form 7の基本的な使い方【WordPressお問い合わせフォームの定番プラグイン】

続きを見る

 

エラーの原因と問題

エラーの原因ですが、表示されているように『メールアドレスがサイトのドメインに属していないから』となります。

このままでもメールの送受信は問題なく行われますが、迷惑メールフォルダに入ってしまう可能性があります(今回テストしたら自動返信、受信ともに迷惑メールフォルダ行きでした)

WordPress側としては送信元は『お問い合わせをした人』ではなく『お問い合わせフォームを設置しているドメインが正しい』と判断しているのが原因のようです。

なので迷惑メールフォルダに入らないようにする必要があります。

 

エラーの対処法

原因は『メールアドレスがサイトのドメインに属していないから』なので『ドメインに属したメールアドレス』を入れる必要があります。

例えば当ブログの場合、URLは『https://junpei-sugiyama.com/』なのでドメインは『junpei-sugiyama.com』になります。

そして送信元に書くのは『@ドメイン名』となるので、以下のようになります。

Contact From 7:メールタブ

Contact From 7:メールタブ

これでエラーメッセージは消えました。

『wordpress@ドメイン名』の『wordpress』の部分はデフォルトで表示されているもので、このままでも変更しても問題ありません。

しかし、これでは返信する時にお問い合わせ相手のメールアドレスが分からないんじゃないか?と思うかもしれません。

その場合は追加ヘッダーに『Reply-To: [your-email]』と書けば大丈夫です。

Contact From 7:メールタブ(追加ヘッダー)

Contact From 7:メールタブ(追加ヘッダー)

これで返信する際にお問い合わせ相手のメールアドレスに返信することが出来ます。

ここは恐らくデフォルトで書いてあると思いますが、もし書いていない場合は自分で書いておきましょう。

以上になります。

関連記事Contact Form 7 関連記事一覧

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-お問い合わせフォーム, WordPress
-