WordPress

LocalのLive LinkでWordPress開発サイトを共有する方法【サーバーにアップ不要】

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Localで開発中のWordPressサイトをクライアントに簡単に見せる方法ない?

WordPressの開発はローカル環境で進めることが多いと思います。

しかしローカル環境なのでクライアントに開発中のサイトを見て貰うには、サーバーにアップしないといけない・・・と思っていませんか?

実はLocal by Flywheel(現Local)ではLive Linkという機能を使うと、サーバーにアップせずに簡単にサイトを見て貰うことが可能です。

今回はLive Linkの使い方を解説していきます。

Localの基本的な使い方については以下の記事を参照下さい。

あわせて読みたい
Local by Flywheel(現Local)でWordPressのローカル環境を構築する方法
Local by Flywheel(現Local)でWordPressのローカル環境を構築する方法

続きを見る

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

LocalのLive LinkでWordPress開発サイトを共有する方法

Live Linkの使い方は以下の手順になります。

  1. ログインする(アカウント作成)
  2. Enable → Live Linkをクリックして『URL・ユーザー名・パスワード』をコピー
  3. 共有したい相手に『URL・ユーザー名・パスワード』を教える
  4. 共有が終わったらLive Linkを終了する

 

ログインする(アカウントを作成)

まずLocalを起動して下に表示されている『Enable』にカーソルを乗せます。

Local:Enableにカーソルを乗せる

Local:Enableにカーソルを乗せる

すると赤枠が表示されるので、緑の文字をクリックしてログインします。

こちらが表示されるので、アカウントがなければ右上の『Create an account』をクリックしてアカウントを作成します。

Local:『Create an account』をクリック

Local:『Create an account』をクリック

そしてこちらの画面が表示されるので『名前・メールアドレス・パスワード』を入力してアカウントを作成します。

Local:アカウントを作成

Local:アカウントを作成

Googleアカウントがあれば一番上の『Continue with Google』からアカウントを作成できます。

 

URL・ユーザー名・パスワードを表示

アカウントを作成してログインしたら、左上のアイコンが変わり『Enable』もクリックできるようになるのでクリックします。

Local:『Enable』をクリック

Local:『Enable』をクリック

そして数秒経つとこのようになるので『Live Link』をクリックします。

Local:『Live Link』をクリック

Local:『Live Link』をクリック

すると共有するURL・ユーザー名・パスワードが表示されているので、それを共有したい相手に連絡すればOKです。

Local:Live LinkのURL、ユーザー名、パスワードを表示

Local:Live LinkのURL、ユーザー名、パスワードを表示

それぞれ右の『Copy』をクリックでコピーできます。

 

URL・ユーザー名・パスワードを編集

Basic認証のユーザー名とパスワードは自動で生成されますが『Edit details』から編集することも出来ます。

Local:Live Linkの編集(Edit detailsをクリック)

Local:Live Linkの編集(Edit detailsをクリック)

そしてこちらが表示されますが、右上をOFFにしないと編集できません。

Local:Live Linkを編集するにはOFFにする

Local:Live Linkを編集するにはOFFにする

これで編集できるようになりますが、URLに関しては入力式ではなく自動で変更となります。

Local:URLはクリックで自動変更

Local:URLはクリックで自動変更

変更したら下にある『Save changes』をクリックして保存しましょう。

Local:『Save changes』をクリックして保存

Local:『Save changes』をクリックして保存

あとはLive Linkを有効化するなら右上のトグルスイッチをONにします。

Local:Live Linkの編集完了

Local:Live Linkの編集完了

また、下のアイコンをクリックすると左の『URL・ユーザー名・パスワード』などを全てコピーできます。

 

共有を終了する

最後に共有を終了させたい時は『Disable Live Link』をクリックすればOKです。

Local:『Disable Live Link』をクリックすると共有終了

Local:『Disable Live Link』をクリックすると共有終了

再度共有する時も編集しなければ『URL・ユーザー名・パスワード』は変わりません。



Live Linkの注意点

Live Linkを使う際の注意が2点あります。

 

注意点①:管理画面には入れない

共有するのは公開ページであってログイン画面ではないので、管理画面には入れません。

もし投稿ページを編集してみたいなど管理画面に入る必要がある場合は、サーバーにアップする必要があります。

 

注意点②:共有している間はLocalを起動し続ける必要がある

Live Linkで共有するにはLocalを起動してLive Linkを有効化する必要があるため、URLを知っていてもLocalを起動してLive Linkを有効にしていなかったらページは見れません。

そして共有する相手がいつアクセスするか分からない場合は起動し続けないといけません。

それだとちょっと困るので、共有する際はある程度時間を決めておいた方がいいかと思います。

まとめ

最後にLocalのLive Linkについてまとめたいと思います。

Live Linkで出来ること

  • サーバーにアップせずにローカル環境の開発サイトを共有できる
  • Basic認証を自動でかけられる
  • 共有リンク、Basic認証のユーザー名・パスワードは編集可能

Live Linkの注意点

  • 共有リンクでは管理画面には入れない
  • Localを起動してLive Linkを有効化していないと共有不可

以上になります。

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-WordPress