WordPress プラグイン

【WordPress】Contact Form7のメッセージを管理画面で確認出来るプラグイン Flamingoの使い方

【WordPress】Contact Form7のメッセージを管理画面で確認出来るプラグイン Flamingoの使い方
Contact Form7でからのメッセージを管理画面から確認出来るように出来る?

WordPressの定番お問い合わせフォームのContact Form7は、何らかの理由でメッセージが届かなかった場合、メッセージを保存する機能はないのでメッセージを確認できなくなります。

メールが上手く受信出来なかった時や、間違って削除してしまったなど、色々なケースが想定されます。

ここでFlamingoというプラグインを使えば管理画面からメッセージの内容を確認する事が出来ます。

今回はFlamingoの使い方についてご紹介していきます。

このプラグインはContact Form7と同じ作者です。

効率よくWordPress制作したい人はこちら

Flamingoのインストール

まずはプラグインをインストールしていきましょう。

プラグインFlamingoインストール画面

プラグインのインストールが初めての方は以下の記事を参照下さい。

WordPress】プラグインのインストール方法

そして管理画面のメニューにFlamingoが追加されていればOKです。

 

Flamingoの使い方

それでは使い方を解説していきます。

先ほどのメニューを開くと、2つの項目があります。

アドレス帳と受信メッセージです。

特に設定は不要なので、この2つを見ていきます。

ただしインストールした直後はアドレス帳には管理者のアドレスとユーザー名だけが表示されていて、受信メッセージには何もありません。

 

アドレス帳

アドレス帳は送信相手の情報が表示されます。

Flamingoのアドレス帳画面

履歴にはどこから受信したのかが表示されていて、ユーザーも表示されています。

この履歴をクリックするとその受信メッセージが開きます。

 

受信メッセージ

管理画面の受信メッセージをクリックすると一覧が表示されます。

Flamingoの受信メッセージ一覧画面

ここにメッセージが保存されているので、万が一メールが受信出来ていなかったり間違って削除してしまっても安心です。

そしてメッセージを開くとこのようになっています。

Flamingoの受信メッセージ内容

下にあるメタ情報には細かい情報が記載されています。

 

CSV出力する

メッセージはエクスポートするをクリックする事でCSVファイルで出力する事ができます(エクスポートはアドレス帳でも可能)

まとめ:メッセージ取りこぼし防止にはFlamingoが有効!

このプラグインを使えばメッセージの取りこぼしを防ぐ事が可能ですが、相手の個人情報が含まれているため、使用する場合はセキュリティ対策をしっかりしておきましょう。

セキュリティ対策の記事は当ブログでもいくつかありますが、とりあえずこちらのプラグインは必ず入れておくことをおすすめします。

WordPress】セキュリティ対策系プラグイン SiteGuard WP Pluginの設定方法

 

WordPress案件の単価と作業効率を上げる!

Brainランキング1位獲得 & 3日で500部突破

クチコミ約280件(平均スコア

今だけ!5大特典あり🎁

-WordPress, プラグイン