ブログ運営 レンタルサーバー

2つ目のブログの作り方【ブログを複数運営する4つの方法】

2つ目のブログってどうやって作るのがいいの?

ブログを運営していると別のブログを作りたくなってくることがあると思います。

1つ目とは違い2つ目以降の場合は方法が複数あるので、今回はその違いについて解説していきます。

まだ1つ目のブログを開設していない人はこちらの記事を参照下さい。

参考記事
【初心者向け】厳選したおすすめのレンタルサーバー3選を徹底比較!
【初心者向け】厳選したおすすめのレンタルサーバー3選を徹底比較!

続きを見る


2つ目のブログの作り方【ブログを複数運営する4つの方法】

すでに運営しているブログが1つある場合、新しいブログを始める方法は以下の4つになります。

  1. 新規ドメイン
  2. サブディレクトリ
  3. サブドメイン
  4. マルチドメイン

1つずつ解説していきます。

 

新規ドメイン

新規ドメインはサーバーを新規で契約します。1つ目のブログを作った時と同じですね。

新規ドメインの特徴は以下になります。

  • 新規でサーバーを契約するので、新たにサーバー代がかかる
  • 既存サイトのドメインパワー(評価)は受けられない
  • サーバーが異なるので管理が手間
  • サーバーに障害が発生した時、リスク分散出来る

メリットと言えばサーバーに障害が発生した時のリスク分散くらいですが、ちゃんとしたサーバーであればダウンするようなことは滅多にありません。

このあとご紹介する方法でサイトを増やして行った時、数が増えてくるとリスク分散や容量の問題もあるので、そういった場合は新規ドメインで作った方がいいかも知れません。

 

サブディレクトリ

サブディレクトリは既存サイトと類似したカテゴリーのようなサイトを作る場合に使い、メインドメインの直下になります。

例えば私も愛用している『価格com』を例に見てみます。

価格com

  • メインページ:https://kakaku.com/
  • パソコン:https://kakaku.com/pc/
  • カメラ:https://kakaku.com/camera/
  • 家電:https://kakaku.com/kaden/

赤字部分がサブディレクトリになります。

メインページの内容は『価格比較』で、サブディレクトリは『パソコンの価格比較・カメラの価格比較・家電の価格比較』となり、メインテーマと無関係ではなく、枝分かれしたテーマであることが分かります。

こういった場合は別サイトにするのではなく、サブディレクトリとして作成するのが適しています。

その他の特徴としては以下になります。

  • 新しいドメインの取得は不要なので追加費用がかからない
  • 既存サイトのドメインパワー(評価)を受けられる
  • Googleからのペナルティなどは他のページにも影響する
  • ドメインが共通なのでコンテンツを増やしやすい
  • 既存サイトがアドセンス通っていればサブディレクトリもアドセンスOK(審査不要)

ドメインパワーについては既存サイトが開設したばかりだとほぼ恩恵はありませんね。

またサブディレクトリで作ったサイトがたくさんある場合、例えば10サイトで100記事ずつ書いていたらそのドメインとしては1000記事となります。

これがSEOに取って良い方向に働くか悪い方向に働くかは、コンテンツの質次第となります。

サブディレクトリとカテゴリー違い

カテゴリーは同じサイト内に作るものですが、サブディレクトリは既存サイトと別サイト扱いとなります。元々カテゴリーとしてまとめていた記事が多くなってきて1つのブログとして分けたいときに、有効な方法となります。

 

サブドメイン

先ほどのサブディレクトリはメインドメインの直下でしたが、サブドメインはメインドメインの前に文字がきます。

使い方としては、同じブランドだけど既存サイトとは違うジャンルにしたい時などになります。

例としてYahoo!を見てみます。

Yahoo!

  • メインページ:https://www.yahoo.co.jp/
  • ヤフオク:https://auctions.yahoo.co.jp/
  • ニュース:https://news.yahoo.co.jp/
  • 占い:https://fortune.yahoo.co.jp/

この場合は『Yahoo!』というブランドだけど『オークション・ニュース・占い』と別々のジャンルになっています。

その他の特徴としては以下になります。

  • 新しいドメインの取得は不要なので追加費用がかからない
  • ブランドイメージは統一される
  • 既存サイトのドメインパワー(評価)をサブディレクトリほど受けられない
  • Googleからのペナルティなどはサブディレクトリほど他のページに影響はない
  • 既存サイトがアドセンス通っていればサブドメインもアドセンスOK(審査不要)

 

マルチドメイン

マルチドメインは同じサーバーで別のドメインになります。

特徴としては以下になります。

  • ドメインは別だがサーバーは1つなので、追加でかかる費用はドメイン代のみ
  • サブディレクトリやサブドメインと違い、ドメインは全く別

私は2つ目のブログをマルチドメインで始めました。

マルチドメインはブランドや内容が全く異なる場合に使います。

マルチドメインについては以下の記事にまとめたので、参照下さい。

参考記事
2つ目のブログをマルチドメインで作るメリットとデメリットとは?
2つ目のブログをマルチドメインで作るメリットとデメリットとは?

続きを見る


まとめ

ブログを複数運営する4つの方法をご紹介してきました。

使い分けについてまとめてみます。

  • 新規ドメイン:サーバーの容量に不安がある、リスク分散したい
  • サブディレクトリ:メインと類似した内容、既存サイトのカテゴリーを独立させたい
  • サブドメイン:メインと異なる内容、ブランドイメージを統一させたい(新規ドメイン不要)
  • マルチドメイン:メインと異なる内容(新規ドメイン契約)

サブディレクトリは雑記ブログの中の1つのカテゴリーを特化ブログとして運営したい、といった時に使います。

サブドメインとマルチドメインの使い分けが難しいですが、サブドメインを使うケースとしてはYahoo!のようにブランドイメージを統一するためのブランディングとして使うケースが多いと思います(あくまでもサブドメインはメインのサブというポジション)

なのですでに強力なブランドパワーがある場合はサブドメインでいいかも知れませんが、一般人がジャンルの違う2つ目のブログを始めるのであれば、サブドメインではなくマルチドメインになるのが一般的かと思います。

以上になります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月間最高8.4万PV▶︎Twitterのフォロワーは6100人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計700部&420万円突破

-ブログ運営, レンタルサーバー