Web制作 JavaScript

スマホ対応パララックス『simpleParallax.js』の使い方【サンプル付きで解説】

パララックスって横方向に動かせる?

パララックスとは視差効果のことで、CSSのみで作ることも可能です。

CSSのみで作る方法は以下の記事を参照ください。

参考記事
CSSのみでスマホ対応のパララックスを作る方法【サンプル付きで解説】
CSSのみでスマホ対応のパララックスを作る方法【サンプル付きで解説】

続きを見る

今回ご紹介するパララックスはCSSだけで作る場合と違い、画像を固定ではなく少し動かしながらスクロール出来ます。

ちょっと言葉で説明するのが難しいのですが、先ほどのCSSのみで作る方法と今回のパララックスを見比べれば分かりやすいと思います。

また動く方向は縦方向だけでなく、横方向や斜め方向など8方向の設定が可能です。

今だけ!5大無料特典あり🎁

コーディングの時給アップにはこちら!


横方向にも動かせるスマホ対応パララックス『simpleParallax.js』の使い方

まずは『simpleParallax.js』を使えるようにCDNを読み込みましょう。

以下のコードをheadタグやbody閉じタグ直前に書けばOKです。

<script src="//cdn.jsdelivr.net/npm/simple-parallax-js@5.6.2/dist/simpleParallax.min.js"></script>

ファイルをダウンロードして読み込む場合は以下のページからダウンロードして下さい。

GitHub - geosigno/simpleParallax.js

ダウンロードは『Code → Download ZIP』をクリックでOKです。

GitHub - geosigno/simpleParallax.js

GitHub - geosigno/simpleParallax.js

使うファイルはこちらになります。

simpleParallax.min.js

simpleParallax.min.js

ちなみに『simpleParallax.js』はjQueryは使わないので、jQuery本体の読み込みは不要です。

それでは早速デモを見てみましょう。

See the Pen
simpleParallax.jsでパララックス(スマホ対応)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

 

コード解説

コードを解説します。

HTMLは特に難しいことはなく、ポイントはimgタグにsimpleParallax.js用に任意のclass名を付けることくらいです。

<div class="parallax">
  <div class="parallax-img">
    <img src="画像パス①" alt="" class="js-parallax"/>
  </div>
  <div class="parallax-img">
    <img src="画像パス②" alt="" class="js-parallax"/>
  </div>
  <div class="parallax-img">
    <img src="画像パス③" alt="" class="js-parallax"/>
  </div>
</div>

CSSも特に難しいところはなく、imgタグに対して幅100%を設定しているだけです。

.parallax-img img {
  width: 100%;
}

重要なのがJavaScriptになります。コードはこちらです。

document.addEventListener("DOMContentLoaded", function () {
  const elem = document.querySelector(".js-parallax");
  if (elem !== null) {
    let target = document.getElementsByClassName("js-parallax");
    let parallaxConfig = {
      delay: 0, // スクロール止めてから動く秒数
      orientation: "up", // 動く方向
      scale: 1.5, // 動く大きさ
    };
    const parallax_instance = new simpleParallax(target, parallaxConfig);
  }
});

真ん中にある3つはオプションになります。

delay

設定した時間分、スクロールを止めてからも画像が動きます。githubに『iOSで時々問題が発生する』と書いてあるので、基本的には0でいいと思いますがどういう動きになるか気になる方は0以外で試してみて下さい。

 

orientation

画像が動く方向を設定する事が出来ます。方向は全部で8種類あります。

・up
・right
・down
・left
・up left
・up right
・down left
・down right

後ほど全種類ご紹介します(設定しないとデフォルトのupになります)

 

scale

画像が動く大きさを設定出来ます。1だと動きはなく、数字が大きいほど動きは大きくなりますが、大きくしすぎるとその分画像が拡大されるので1.5前後がいいかと思います(設定しないとデフォルトの1.3になります)

他にも設定はありますが、上記だけ押さえておけばいいと思います。

他の設定やdelayに関する注意文などは以下のページで確認出来ます。

simpleParallax.js/README.md 

 

8方向で実装

先ほど『orientation』で動きの方向を8種類設定出来ると書いたので、実際にどうなるかデモを見てみましょう。

上から順に『"up" "right" "down" "left" "up left" "up right" "down left" down right"』となります。

See the Pen
Untitled
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

動きが大きいとスクロールの途中で動きが止まってしまうので、その場合は動きを小さく設定しましょう。

以上になります。

あわせて読む
CSSのみでスマホ対応のパララックスを作る方法【サンプル付きで解説】
CSSのみでスマホ対応のパララックスを作る方法【サンプル付きで解説】

続きを見る

 

コーディングの時給と作業効率を上げる!
2年間の実務で実際に使ったコードをまとめた『コーディング&WordPressメモまとめ集』をBrainで公開しています。
  • コピペで使えるWordPressの各テンプレート
  • 実務でよく使う見出し一覧
  • 実務でよく使うテキストのhoverアニメーション
  • 実務でよく使うボタン内の矢印9種類
  • Contact Form 7の色々・・・
などなど、他にもコピペで使えるコードがたくさん載せてあるので、時短=時給アップに繋がります。
さらに『コードのまとめ方が参考になった』というレビューも多数頂いているので、これを元に自分なりの"メモまとめ集"を作るという使い方も出来ます。
レビューは390件以上あるので、気になる方は以下のボタンからチェックしてみて下さい👇

今だけ!5大無料特典あり🎁

販売ページとレビューを見てみる


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月間最高8.4万PV▶︎Twitterのフォロワーは6100人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計700部&420万円突破

-Web制作, JavaScript
-