Swiper Web制作 スライダー

【Swiper】横方向に流れ続ける無限ループスライダーを作る方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Swiperで横に流れ続ける無限ループスライダーってどうやるの?

スライダーはスライドが切り替わるだけでなく、常に定速で流れ続ける無限ループスライダーも作る事が出来ます。

今回はSwiperを使って無限ループスライダーを作る方法をコードとデモを使って解説していきます(逆方向も可能)

Swiperの基本的な使い方についてはこちらの記事を参照下さい。

あわせて読みたい
【jQuery不要】スライダープラグイン Swiper.jsの使い方
【2024年最新Ver11】Swiperの使い方とよく使うオプション・カスタマイズ方法を解説

続きを見る

またSwiperには色々カスタマイズが出来るオプションがあるので、そちらも合わせて活用すると実装出来るスライダーの幅が広がります。

あわせて読みたい
【Swiper】カスタマイズ用オプションまとめ一覧
【Swiper】カスタマイズ用オプションまとめ一覧

続きを見る

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

Swiperで横方向に流れ続ける無限ループスライダーを作る方法

まずは基本となるスライダーを見てみましょう。

See the Pen
Swiper(矢印、ドットインジケーター)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

今回は無限ループスライダーなので、矢印とページネーションは削除します。

 

コード解説

HTMLは基本と変わらないので、CSSとJavaScriptだけ見てみます。

 

HTML

HTMLは注意が必要です。

これはバージョン8系の時は表示数分で大丈夫でしたが、バージョン9系では倍の枚数を書かないといけなくなりました。

<!-- バージョン8系はこの書き方 -->
<div class="swiper">
  <div class="swiper-wrapper">
    <div class="swiper-slide">
      <img src="画像パス1" alt="" />
    </div>
    <div class="swiper-slide">
      <img src="画像パス2" alt="" />
    </div>
    <div class="swiper-slide">
      <img src="画像パス3" alt="" />
    </div>
  </div>
</div>
<!-- バージョン9系はこの書き方 -->
<div class="swiper">
  <div class="swiper-wrapper">
    <div class="swiper-slide">
      <img src="画像パス1" alt="" />
    </div>
    <div class="swiper-slide">
      <img src="画像パス2" alt="" />
    </div>
    <div class="swiper-slide">
      <img src="画像パス3" alt="" />
    </div>
    <div class="swiper-slide">
      <img src="画像パス1" alt="" />
    </div>
    <div class="swiper-slide">
      <img src="画像パス2" alt="" />
    </div>
    <div class="swiper-slide">
      <img src="画像パス3" alt="" />
    </div>
  </div>
</div>

 

CSS

CSSはこちらです。

/* スライドの動き等速 */
.swiper-wrapper {
  transition-timing-function: linear;
}
/* 画像のサイズ調整 */
.swiper-slide img {
  height: auto;
  width: 100%;
}

CSSのポイントはスライドの動きを等速にする transition-timing-function: linear; ですね。

これがないと等速で流れ続けるというスライダーにはなりません。

 

JavaScript

JavaScriptはこちらです。

const swiper = new Swiper(".swiper", {
  loop: true, // ループ有効
  slidesPerView: 3, // 一度に表示する枚数
  speed: 6000, // ループの時間
  allowTouchMove: false, // スワイプ無効
  autoplay: {
    delay: 0, // 途切れなくループ
  },
});

こちらは基本形と全然違うので、1つずつ解説していきます。

loop

これはデフォルトがfalseなので、trueにしてループを有効化しています。

slidesPerView

一度に表示する枚数。スライドの枚数より多くすると止まるので注意(3枚だったら4にすると止まる)

speed

1周する時間。数値が小さいほど速くなる。

allowTouchMove

スワイプを有効化するかどうか。デフォルトでは有効になっていて、スライドをクリックやスワイプで動かせてしまう為、それを無効にしたい場合はfalseにする。

delay

autoplayのオプションで0にしないと一旦止まるので、0にして途切れずループさせる。

 

無限ループスライダーデモ

そしてこちらが無限ループスライダーになります。

See the Pen
Swiper(無限ループ)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

逆方向に無限ループスライダー

無限ループスライダーはデフォルトでは右から左に流れますが、逆方向にしたい時もあると思います。

逆方向にするのは簡単で、autoplayのオプションに1行追加するだけでOKです。

const swiper = new Swiper(".swiper", {
  loop: true, // ループ有効
  slidesPerView: 3, // 一度に表示する枚数
  speed: 6000, // ループの時間
  allowTouchMove: false, // スワイプ無効
  autoplay: {
    delay: 0, // 途切れなくループ
    reverseDirection: true, // 逆方向有効化
  },
});

最後の reverseDirection: true, ですね。

デフォルトは false となっているので、trueにして逆方向を有効化します。

こちらがデモになります。

See the Pen
Swiper(無限ループ:逆方向)
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.



まとめ

今回はSwiperで横方向に流れ続ける無限ループスライダーの作り方を解説しました。

同じくslickの無限ループスライダーも逆方向にすることは出来ますが、Swiperと違いオプションに追加するだけではないので注意が必要ですね。

実務ではデフォルトの方向と逆方向の両方を使う事もあるので、ぜひ実装出来るようになっておきましょう。

以上になります。

関連記事slick記事一覧
関連記事Swiper記事一覧
関連記事Splide記事一覧

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-Swiper, Web制作, スライダー