プラグイン WordPress

【WordPress】固定・投稿ページのURLを変更してリダイレクトできるプラグイン『Page Links To』の使い方

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

WordPressで固定ページや投稿ページのURLを変更してリダイレクトってできない?

固定ページや投稿ページのパーマリンクは編集画面で変更できますが、URLをまるっと変える事は通常出来ません。

パーマリンクの変更:クラシックエディタの場合

パーマリンクの変更:クラシックエディタの場合

パーマリンクの変更:ブロックエディタの場合

パーマリンクの変更:ブロックエディタの場合

どういうケースで使うかイメージしにくいかも知れませんが、実務で何度か使った事があるので覚えておいて損はないと思います。

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

固定ページや投稿ページのURLを変更できるプラグイン『Page Links To』の使い方

まずはプラグインをインストールして有効化します。

管理画面の『プラグイン新規追加 』から『Page Links To』と検索して見つかったら『今すぐインストール』をクリックしてそのまま『有効化』をクリックします。

プラグイン『Page Links To』インストール

プラグイン『Page Links To』インストール

このプラグインは設定不要なので、固定ページか投稿ページの編集画面を開いてみましょう。

すると編集画面に『リンク先のページ』という項目が表示されます。

Page Links To:リンク先のページ(クラシックエディタの場合)

Page Links To:リンク先のページ(クラシックエディタの場合)

Page Links To:リンク先のページ(ブロックエディタの場合)

Page Links To:リンク先のページ(ブロックエディタの場合)

通常はパーマリンクのみ変更可能ですが、このプラグインを使うとこれをhttpから全部変える事が出来ます。

つまりリダイレクトさせることが出来ます。

URLを変更するにはクラシックエディタの場合は『カスタムURL』、ブロックエディタの場合は『A custom URL』を選択します。

Page Links To:リンク先のページ(クラシックエディタの場合)

Page Links To:リンク先のページ(クラシックエディタの場合)

Page Links To:リンク先のページ(ブロックエディタの場合)

Page Links To:リンク先のページ(ブロックエディタの場合)

ここにURLを入力するだけです。

またリンクを別タブで開くにはクラシックエディタの場合は『リンクを新しいタブで開く』、ブロックエディタの場合は『Open in new tab』にチェックを入れます。

そして更新をクリックすると、パーマリンクの下に『Links to』という項目が増えています(クラシックエディタの場合)

リンク先追加:クラシックエディタの場合

リンク先追加:クラシックエディタの場合

パーマリンクは残っていますが、この投稿をクリックするとLinks toのURLの方にリダイレクトします。

また公開して一覧を見るとリンクのアイコンが付いていて、カーソルを載せるとリンクが確認出来ます。

Page Links To:リンクアイコンにカーソル

Page Links To:リンクアイコンにカーソル

まとめ

今回はPage Links Toの使い方を解説しました。

あまり使う機会はないと思いますが、いざ実装が必要になったらこれを使わないと難しいと思うので、覚えておくと便利かと思います。

以上になります。

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-プラグイン, WordPress