プラグイン WordPress

WordPressで簡単に常時SSL化が出来るプラグイン『Really Simple SSL』の使い方

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

SSLって何?常時SSL化ってどうやるの?

Webサイトの公開にはセキュリティ対策が必要ですが、SSL化もセキュリティ対策に欠かせないものとなっています。

今回はWordPressサイトで簡単にSSL化が出来るプラグイン『Really Simple SSL』の使い方を解説していきます。

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

SSLとは?

まずSSLについて解説します。

SSLとは簡単に書くとインターネット上でのデータの通信(サイトとサイトを閲覧しているユーザーとのやり取り)を暗号化して、盗み見、盗聴、傍受、改ざんなどを防ぐ仕組み』です。

SSL化していないとアドレスバーに『保護されていない通信』と表示されてしまい、一度は目にしたことがあるかと思います。

SSL化していないアドレスバーのURL

SSL化していないアドレスバーのURL

このような表示がされているとユーザーとしては不安になりますよね。

SSL化されていればURLの先頭は『http』ではなく『https』になり、鍵マークが表示されます。

SSL化しているアドレスバーのURL

SSL化しているアドレスバーのURL

 

常時SSLとは?

常時SSLとは、ログイン画面やお問い合わせフォームなどの特定のページだけでなく、全てのページをSSL化することです。

この常時SSL化を簡単に出来るプラグインが『Really Simple SSL』になります。


プラグイン『Really Simple SSL』の使い方

『Really Simple SSL』を使ってSSL化するには、まずサーバー側でSSLの証明書を取得する必要があります。

なので『サーバー側』と『WordPress側(プラグイン)』の作業になります。

サーバー側についてですが『エックスサーバー』と『Conoha WING』で解説します。

 

エックスサーバーでSSL化

まずサーバーパネルの『ドメイン → SSL設定』を開きます。

エックスサーバー:サーバーパネル(ドメイン → SSL設定)

エックスサーバー:サーバーパネル(ドメイン → SSL設定)

次にSSL化をしたいドメインの『選択する』をクリックします。

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定・ドメイン選択画面)

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定・ドメイン選択画面)

そして『独自SSL設定追加』タブを選択して、設定対象ドメインとサイトを確認したら『確認画面へ進む』をクリックします。

『CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する』にはチェックを入れなくてもSSL設定可能なので、チェックは入れずに『確認画面へ進む』をクリックします。

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定)

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定)

そして確認画面で問題なければ『追加する』をクリックします。

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定・確認画面)

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定・確認画面)

するとこちらの画面になるので少し待ちます(この時は10秒くらいでした)

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定・新規取得申請中画面)

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定・新規取得申請中画面)

そしてこちらの画面に切り替われば完了です。

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定完了画面)

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定完了画面)

ここで『戻る』をクリックするとこちらが表示されます。

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定一覧・反映待ち)

エックスサーバー:サーバーパネル(SSL設定一覧・反映待ち)

『反映待ち』と表示されている間はアクセスしてもこちらが表示されるので、しばらく待ちましょう。

SSL化の反映待ち状態のページ

SSL化の反映待ち状態のページ

 

Conoha WINGでSSL化

Conoha WINGの場合は契約時に『WordPressかんたんセットアップ』でインストールしていればSSL化も一緒にされていると思いますが、手動でする場合は『コントロールパネル → サイト管理 → サイト設定 → WordPress → URLクリック』から『かんたんSSL化』の『SSL有効化』をクリックすればOKです。

Conoha WING:かんたんSSL化

Conoha WING:かんたんSSL化

 

プラグイン『Really Simple SSL』をインストール

それではプラグインをインストールして有効化しましょう。

WordPressの管理画面から『Really Simple SSL』と検索したら出てくるので『今すぐインストール』をクリックしてそのまま『有効化』をクリックしましょう。

プラグイン『Really Simple SSL』をインストール

プラグイン『Really Simple SSL』をインストール

プラグインを有効化したらこちらの画面に自動で切り替わります。

Really Simple SSLを有効化

Really Simple SSLを有効化

プラグインの有効化とは別に、この画面で『SSLを有効化』をクリックします。

特に設定するものはなくこのボタンをクリックすれば完了ですが、一旦ログアウトされるので再度ログインしたら完了です。

ちなみにローカル環境だとこのような表示なります。

Really Simple SSL:ローカル環境の場合

Really Simple SSL:ローカル環境の場合

まぁローカル環境なので。。。

なのでこのプラグインはサーバーにアップしてから使いましょう。

まとめ:セキュリティ強化の為に必ず常時SSL化しよう!

常時SSL化はWordPressをインストールしたら必ず忘れずに実施するようにしましょう。

その他にもセキュリティ関連の記事はいくつか書いているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事WordPressセキュリティ関連記事

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-プラグイン, WordPress