お問い合わせフォーム WordPress

【WordPress】Contact Form 7で自動挿入されるpタグやbrタグを削除する2つの方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Contact Form 7で見知らぬ『pタグ』や『brタグ』があるんだけど・・・
それはContact Form 7が自動で入れてるけど、削除できるよ!

お問い合せ用プラグイン『Contact Form 7』を使った時に、入れた記憶のない『pタグ』や『brタグ』が入っている事があります。

これは『Contact Form 7』が勝手に入れているので、これを削除する方法を2つご紹介します。

注意ポイント

今回ご紹介する方法は間違った書き方などをすると画面が真っ白になったりする可能性もあるので、作業前にはしっかりバックアップをとっておきましょう。

Contact Form 7の基本的な使い方については以下の記事を参照下さい。

あわせて読みたい
Contact Form 7の基本的な使い方【WordPressお問い合わせフォームの定番プラグイン】
Contact Form 7の基本的な使い方【WordPressお問い合わせフォームの定番プラグイン】

続きを見る

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

『Contact Form 7』で自動挿入されるpタグやbrタグとは

『Contact Form 7』で実装したお問い合わせフォームのコードを検証モードで見てみます。

『Contact Form 7』のコード

『Contact Form 7』のコード

classが付いていない『pタグ』や『brタグ』があるのが分かります。

これが自動挿入されたものです。

ブログなどで設置する場合にはいい感じになりますが、オリジナルテーマ制作の場合はただのお節介となります。

これを削除するとこうなります。

pタグやbrタグを削除した『Contact Form 7』のコード

pタグやbrタグを削除した『Contact Form 7』のコード

pタグ、brタグともに無くなっているのが分かります。

それではこの自動挿入されるタグを削除する方法2つをご紹介します。



Contact Form 7で自動挿入されるpタグやbrタグを削除する2つの方法

今回ご紹介する方法は以下の2つになります。

  1. wp-config.phpにコードを追記
  2. functions.phpにコードを追記

それでは1つずつ解説していきます。

 

wp-config.phpにコードを追記する方法

この自動挿入される『pタグ』や『brタグ』を削除するには『wp-config.php』に以下のコードを追記するだけでOKです。

/** ContactForm7で自動挿入されるPタグ、brタグを削除 */
define ('WPCF7_AUTOP', false); 

 

wp-config.phpの場所

wp-config.phpってどこにあるん?

と思う方もいると思います。

『wp-config.php』は『wp-admin・wp-content・wp-includes』と同じ階層にあります。

『wp-config.php』の場所

『wp-config.php』の場所

オリジナルテーマ制作の場合は『wp-content → themes』にテーマフォルダを入れるので、『wp-content』以外は通常触ることはないと思います。

このファイルを編集するにはFTPソフトなどを使う必要があります。

FTPソフトの使い方については以下の記事を参照下さい。

あわせて読みたい
無料で使えるFTPソフト『FileZilla』の使い方を解説【WindowsとMac両方OK】
無料で使えるFTPソフト『FileZilla』の使い方を解説【WindowsとMac両方OK】

続きを見る

 

wp-config.phpにコードを追記

『wp-config.php』をテキストエディタで開いて一番下を見るとこのようになっています。

『wp-config.php』の75行目

『wp-config.php』の75行目

77行目が最後の行になりますが、その上あたりにコードを追記します。

最終行だと機能しないので注意

追記するとこのようになります。

『wp-config.php』の75行目にコードを追記

『wp-config.php』の75行目にコードを追記

 

functions.phpにコードを追記する方法

先ほどの方法はFTPソフトを使う必要がありますが『functions.php』であれば、WordPressの管理画面からでも編集可能です。

『functions.php』に追記するコードはこちらです。

// Contact Form 7で自動挿入されるPタグ、brタグを削除
add_filter('wpcf7_autop_or_not', 'wpcf7_autop_return_false');
function wpcf7_autop_return_false() {
  return false;
} 

まとめ

今回はContact Form 7で自動挿入されるpタグやbrタグを削除する2つの方法を解説しました。

最初なんで崩れているのか分からないかも知れませんが、デフォルトであたっているスタイルがあることもある、というのを覚えておきましょう。

以上になります。

関連記事Contact Form 7 関連記事一覧

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-お問い合わせフォーム, WordPress
-