WordPress お問い合わせフォーム

【WordPress】Contact Form7で自動挿入されるpタグやbrタグを削除する2つの方法

Contact Form7で見知らぬpタグやbrタグがあるんだけど・・・
それはContact Form7が自動で入れてるけど、削除できるよ!

お問い合せ用プラグイン Contact Form7を使った時に、入れた記憶のないpタグやbrタグが入っている事があります。

これはContact Form7側で勝手に入れているので、これを削除する方法を2つご紹介します。

注意ポイント

今回ご紹介する方法は間違った書き方などをすると画面が真っ白になったりする可能性もあるので、作業前にはしっかりバックアップをとっておきましょう。

自動挿入されるpタグやbrタグとは

Contact Form7で実装したお問い合わせフォームのコードを検証モードで見てみます。

classが付いていないpタグやbrタグがあるのが分かります。

これが自動挿入されたものでブログなどで設置する場合にはいい感じになりますが、オリジナルテーマ制作の場合はただのお節介となります。

これを削除するとこうなります。

pタグ、brタグともに無くなっているのが分かります。

それではこの自動挿入されるタグを削除する方法2つをご紹介します。

 

wp-config.phpにコードを追記する方法

この自動挿入されるpタグやbrタグを削除するにはwp-config.phpに以下のコードを追記するだけでOKです。

/** ContactForm7で自動挿入されるPタグ、brタグを削除 */
define ('WPCF7_AUTOP', false); 

wp-config.phpの場所

wp-config.phpってどこにあるん?

と思う方もいると思います。

wp-config.phpはwp-admin、wp-content、wp-includesと同じ階層にあります。

オリジナルテーマ制作の場合はwp-content→themesにテーマフォルダを入れるので、wp-content以外は通常触ることはないと思います。

このファイルを編集するにはFTPソフトなどを使う必要があります。

FTPソフトの使い方については以下の記事を参照下さい。

WindowsMac両方使えるFTPソフト「FileZilla」のインストールと接続方法

 

wp-config.phpにコードを追記

wp-config.phpをテキストエディタで開いて一番下を見るとこのようになっています。

77行目が最後の行になりますが、その上あたりにコードを追記します。

最終行だと機能しないの注意

追記するとこのようになります。

 

functions.phpにコードを追記する方法

先ほどの方法はFTPソフトを使う必要がありますが、functions.phpであればWordPressの管理画面からでも編集可能です。

functions.phpに追記するコードはこちらです。

<?php
// ContactForm7で自動挿入されるPタグ、brタグを削除
add_filter('wpcf7_autop_or_not', 'wpcf7_autop_return_false');
function wpcf7_autop_return_false() {
  return false;
} 

以上になります。

-WordPress, お問い合わせフォーム