Web制作

【初心者向き】VSCodeのインストールと日本語化する方法を画像で解説

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

VSCodeのインストールと日本語化する方法教えて?

コーディングするにはテキストエディタを使いますが、今回は特に人気が高い『VSCode(Visual Studio Code)』のインストール方法と、日本語化する方法を解説していきます。

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

VSCodeのインストール方法

それでは早速インストール方法から解説していきます。

まずは以下のサイトにアクセスします。

Visual Studio Code

こちらの画面が表示されるので赤枠のボタンをクリックします。

VSCodeのダウンロード

VSCodeのダウンロード

MacかWindowsかについては、ご利用の環境に合わせてボタンも表示が変わっているはずです。

もし変わっていない場合は画面右上の『Download』をクリックすればこちらが開くので、ここからファイルをダウンロードしましょう。

VSCodeのダウンロード

VSCodeのダウンロード

 

VSCodeのインストール(Macの場合)

ダウンロードしたら左下にファイルが表示されるので、クリックしてファイルを開きます。

VSCodeのファイル

VSCodeのファイル

開いたファイルはダウンロードフォルダに入っているので、ファイルを開いたらこれをアプリケーションフォルダに移動(ドラッグ&ドロップ)します。

VSCodeファイルを『アプリケーション』フォルダにドラッグ&ドロップ

VSCodeファイルを『アプリケーション』フォルダにドラッグ&ドロップ

移動したらファイルを開けば完了です。

VSCodeインストール完了(Mac)

VSCodeインストール完了(Mac)

 

VSCodeのインストール(Windowsの場合)

Windowsの場合は以下の順に進めていきますが、よく分からなければデフォルトのまま『次へ』をクリックして進めて問題ありません。

  1. ダウンロードしたファイルを開く
  2. 使用許諾契約書の同意 → 『同意する』にチェック
  3. インストール先の指定 → インストール先フォルダを指定
  4. スタートメニューフォルダーの指定 → プログラムのショートカットを作成する場所を指定
  5. 追加タスクの選択 → 必要な項目にチェックする(デスクトップにアイコンを作成するなど)
  6. インストールをクリック

こちらがファイルを開いた時の表示です。

VSCodeセットアップ画面(Windows)

VSCodeセットアップ画面(Windows)

そしてこちらの画面が表示されれば完了です。

VSCodeセットアップ完了画面(Windows)

VSCodeセットアップ完了画面(Windows)

そのままVSCodeを起動したい場合はチェックを入れたまま『完了』をクリックします。



VSCodeを日本語化する方法

ここからはMacの画面で解説していきます。

まずはVSCodeを起動します。

そして左にある拡張機能のアイコンをクリックします。

VSCode:拡張機能アイコンをクリック

VSCode:拡張機能アイコンをクリック

次に『Japanese Language Pack for Visual Studio Code』と入力して検索します(Japaneseだけでもヒットすると思いますが)

ちなみに下に表示されているのは既にインストールされているプラグインになります。

VSCode:拡張機能検索窓

VSCode:拡張機能検索窓

検索すると似たような拡張機能がたくさん表示されますが、一番上にある日本語と表示されているプラグインの『Install』をクリックします。

VSCode:拡張機能検索結果

VSCode:拡張機能検索結果

プラグインを選択して右に表示される方の『Install』をクリックでも大丈夫です。

VSCode:拡張機能インストールボタン

VSCode:拡張機能インストールボタン

そして『Install』が歯車のアイコン、右の方は『Uninstall』になればインストール完了です。

VSCode:拡張機能インストール完了

VSCode:拡張機能インストール完了

ただ上のメニューを見るとまだ英語になっていますね。

このプラグインを有効にするためにはVSCodeを一度再起動する必要があります。

一度閉じてから再起動するか、この時右下に表示される『Restart』をクリックすると再起動されます。

するとメニューが日本語になるので、これで完了です。

VSCode:日本語化完了

VSCode:日本語化完了

まとめ

今回はVSCodeのインストールと日本語化する方法を画像で解説しました。

環境構築は手こずるかも知れませんが、頑張って終わらせてしまいましょう。

以上になります。

あわせて読みたい
【VSCode】Web制作におすすめのプラグイン・拡張機能14選【画像と動画で解説】
【VSCode】Web制作におすすめのプラグイン・拡張機能14選【画像と動画で解説】

続きを見る

あわせて読みたい
VSCode自動保存の設定方法【画像と動画で解説】
VSCode自動保存の設定方法【画像と動画で解説】

続きを見る

あわせて読みたい
VSCodeで自作したスニペットを登録する方法【作業効率アップにおすすめ!】
VSCodeで自作したスニペットを登録する方法【作業効率アップにおすすめ!】

続きを見る

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-Web制作
-