WordPress お問い合わせフォーム

【WordPress】Contact Form7でラジオボタンなどの選択肢によって送信先を分岐させる方法

【WordPress】Contact Form 7でラジオボタンなどの選択肢によって送信先を分岐させる方法
Contact Form7でラジオボタンやセレクトボックスの選択肢によって送信先を変える事って出来る?

例えばラジオボタンの選択肢がお店の支店名だったとします。

通常メッセージの送信先は1つか複数のメールアドレスになりますが、上記の例では選択した店舗にだけメッセージを送れるようにしたいと思います。

Contact Form7の使い方が分からない方はこちらを参照下さい。

WordPressお問い合わせフォームの定番プラグイン Contact Form 7の使い方

効率よくWordPress制作したい人はこちら

Contact Form 7でラジオボタンなどの選択肢によって送信先を分岐させる方法

まずはこちらがContact Form7をインストール&有効化した後の編集画面です。

ここからラジオボタンをクリックします。

そしてオプションにラジオボタンの選択肢を入力します。

設定画面に書いてありますが、1つの選択肢ごとに改行します。

名前はこの時自動で付けられた「radio-315」となっていますが、「shop-name」など分かりやすい名前に変えてもOKです。

そしてこのようになります。

ちなみにこの状態でページを見るとこのようになっています。

この一番上にあるラジオボタンで、各店舗を選択したらその店舗にだけメッセージを送信するようにします。

その方法は以下の通りです。

【変更前】
"選択肢"

【変更後】
"選択肢|メールアドレス"

ポイントは選択肢とメールアドレスの間を| 」で区切るところです。

なので、今回の場合はこのようになります。

ちょっと見にくいですが、東京店の場合はこのようになります。

【変更前】
"東京店"

【変更後】
"東京店|tokyo@gmail.com"

そしてメールの送信先にはフォームの名前を書くので、今回は[radio-315]となります。

 

メールの送信先を複数に設定

もし東京店を選択した場合、東京店のメールアドレスと全店舗共通のメールアドレスに送りたい場合は、以下のようにすればOKです。

全ての店舗用メールアドレスと、選択された店舗のメールアドレスを書いて間をカンマ「,」で区切ればOKです。

カンマの前後にスペースは入れないようにしましょう

 

自動送信メッセージ

先ほどの送信先を設定するところの下の方に、自動送信メッセージの本文を設定する項目があります。

通常であれば上記のようにフォーム名を書けば、東京店を選択した場合は「東京店」と表示されます。

しかし、今回のように"東京店|tokyo@gmail.com"と書いた場合は「 | 」の後ろが表示されてしまいます。

これを「|」の後ろではなく前を表示させたい場合は、以下のように変更します。

【変更前】
[radio-315]

【変更後】
[_raw_radio-315]

フォーム名の前に「_raw_」を書けばOKです。

これで自動送信メッセージの内容がメールアドレスではなく、選択肢の内容になりました(東京店であれば「tokyo@gamil.com」ではなく「東京店」)

これは自動送信メッセージだけでなく、自動返信メッセージ(お問い合わせした人)の場合も同じです。

送信先はメールアドレスの表示でいいのでそのままで大丈夫です。

 

ラジオボタン以外の場合

ドロップダウンメニューやチェックボックスも書き方は同じです。

また"東京店|tokyo@gmail.com"といった書き方は、フォームタグ生成の時点で書いてしまってもOKです(最初に書くか後で書くかの違いです)

チェックボックスは複数選択が出来ますが、自動返信でもちゃんと複数の選択肢が表示されます。

 

WordPress案件の単価と作業効率を上げる!

Brainランキング1位獲得 & 3日で500部突破

クチコミ約280件(平均スコア

今だけ!5大特典あり🎁

-WordPress, お問い合わせフォーム
-