Web制作 案件獲得

Web制作営業で役立つポートフォリオ作成サービスRESUMEの使い方

ポートフォリオの作成サービスがあるって聞いたけどどんなサービス?

Web制作で営業するのに必要なポートフォリオ。

実務未経験の場合は実績に架空サイトなどを載せると思いますが、これはパソコン上だけで見られればOKではなく、サーバーにアップしてインターネット上で見られるようにする必要があります。

サーバーにアップしないと相手に見せるにはパソコンを持って行かないといけませんし、ファイルを送るというのもWordPressであれば通用しません(データベースなどがあるので)

サーバーにアップする方法は以下の記事を参照下さい。

参考記事
【初心者向け】Web制作案件での納品を意識したFTPソフトを使用したポートフォリオサイトの公開方法
【初心者向け】Web制作案件での納品を意識したFTPソフトを使用したポートフォリオサイトの公開方法

続きを見る

ただサーバーにアップする必要があるのは実績に載せる架空サイトだけであり、実績を載せるポートフォリオ自体はサーバーにアップしなくてもOKです。

それはインターネット上で見れなくてもOKという意味ではなく、ポートフォリオ作成サービスを利用してインターネット上に実績などを公開するという事です。

そこで今回はポートフォリオサービス『RESUME』の使い方をご紹介します。

今だけ!5大無料特典あり🎁

コーディングの時給アップにはこちら!


Web制作営業で役立つポートフォリオ作成サービスRESUMEの使い方

今回ご紹介するポートフォリオ作成サービス、RESUMEの基本的な使い方はこちらになります。

RESUMEの使い方

  • 無料会員登録
  • プロフィール編集(スキルや経歴など)
  • 実績を載せる

RESUMEは完全無料で使用出来ます(有料プランはなし)

同じポートフォリオ作成サービスの『Salon.io』は無料で十分使えますが有料プランもあり、スクショを貼るタイプになります。

Salon.ioの使い方については以下の記事を参照下さい。

参考記事
Web制作営業で役立つポートフォリオ作成サービスSalon.ioの使い方
Web制作営業で役立つポートフォリオ作成サービスSalon.ioの使い方

続きを見る

それでは順番に見ていきます。

 

無料会員登録

まずはサイトにアクセスして無料会員登録をしましょう。

RESUME

『はじめる』というボタンが2ヶ所ありますが、どちらも同じです。

RESUME:『はじめる』をクリック

RESUME:『はじめる』をクリック

ボタンをクリックするとこちらが表示されます。

RESUME:登録画面

RESUME:登録画面

登録はSNSやGoogleと連携する形で行うので、どれかクリックして登録しましょう。


プロフィール作成

プロフィール作成で設定可能な項目は以下になります。

  • プロフィール(Profile)
  • スキルとレベル(Skills)
  • 経歴(Experience)
  • 執筆歴(Writing)
  • SNS(Socials & Links)
  • 自由記述

それでは順番に解説していきます。

 

プロフィール(Profile)

登録が出来たらこちらが表示されます。

RESUME:Profile

RESUME:Profile

メールアドレスだけ任意と書いてありますが、名前とユーザー名だけ書けば保存は出来ます。

ただなるべく全部書いた方がいいでしょう(メールアドレスはお好みで)

RESUME:Profile

RESUME:Profile

そして『この内容で保存』をクリックするとこのような表示になります。

RESUME:Profile表示

RESUME:Profile表示

 

スキルとレベル(Skills)

次にスキルとレベルを入力していきます。

『+Resumeを作成する』をクリックします。

RESUME:『+Resumeを作成する』をクリック

RESUME:『+Resumeを作成する』をクリック

するとこちらが表示されるので『スキルを追加』をクリックします。

RESUME:『スキルを追加』をクリック

RESUME:『スキルを追加』をクリック

そしてこちらが表示されます。

RESUME:Skill

RESUME:Skill

例えばHTMLと入力すると、専用のアイコンが表示されます。

RESUME:Skill(HTMLと入力)

RESUME:Skill(HTMLと入力)

他にも専用のアイコンがあるものは表示されるので、それを選択します。

あとはレベルを次の5段階から選択します。

  • 入門
  • 初級
  • 中級
  • 上級
  • プロフェッショナル

この点をスライドさせて選択します。

RESUME:Skill(レベル設定)

RESUME:Skill(レベル設定)

そして中級だと円グラフの真ん中になります。

RESUME:Skill(レベル中級)

RESUME:Skill(レベル中級)

編集したい場合は、アイコンにカーソルを乗せれば右上に『・・・』が表示されるので、そこから編集と削除が可能です。

RESUME:Skillを編集

RESUME:Skillを編集

そして『スキルを追加』をクリックすればどんどん追加出来ます。

RESUME:Skill一覧

RESUME:Skill一覧

見て分かる通り、レベルによって円グラフの位置が変わります。

並び順は追加順ではなくレベルが高い順になっていて、同じレベルのスキルでは順番の変更は出来ないようです。

結構いろいろありますね。他にもいろいろあると思うので、ぜひ探してみて下さい。

 

経歴(Experience)

スキルの下で経歴を追加します。

RESUME:『経歴を追加する』をクリック

RESUME:『経歴を追加する』をクリック

『経歴を追加する』をクリックするとこちらが表示されます。

RESUME:Experience

RESUME:Experience

経歴も何個でも書けます。

RESUME:Experienceの表示

RESUME:Experienceの表示

年の終わりを書かなければ、上記の場合『じゅんぺいブログ』のように継続中という書き方になります。

 

執筆歴(Writing)

これは書籍などを出版した事がある人が書く項目です。

Web制作のポートフォリオで書く人は少ないかと思います。

RESUME:Writing

RESUME:Writing

 

SNS(Socials & Links)

載せたいSNSのリンクがあれば追加しましょう。

RESUME:Socials & Links

RESUME:Socials & Links

追加された項目は色が有効化されます。

『+その他のリンクを追加』にも自由に追加出来るので、ブログなどを追加しても良いかも知れません(色は9種類から選択)

RESUME:Socials & Linksの表示

RESUME:Socials & Linksの表示

注意ポイント

プライベートの投稿がメインのSNSは基本的には載せない方がいいでしょう。ポートフォリオは営業用で仕事に繋がる投稿をしていないアカウントはむしろデメリットになる可能性もあるので、載せる場合は営業先に見られても大丈夫なアカウントかどうかを良く考えましょう。
クラウドソーシングの発注者もSNSのアカウントが載っていれば結構じっくり見るよ。

 

自由記述

最後には自由記述の項目があります。

RESUME:自由記述

RESUME:自由記述

『+自由記述の白紙を作成する』をクリックすると編集画面になります。

RESUME:自由記述入力欄

RESUME:自由記述入力欄

自己PR文などを記載するといいかと思います。

テキスト以外にも画像を載せたり箇条書きの設定もあります。

RESUME:自由記述入力欄

RESUME:自由記述入力欄

編集が終わったら右下の『保存する』をクリックして完了です。

 

これでポートフォリオのカバーページの作成は完成したので、ページの左上にある『編集終了』をクリックしてトップページに戻ります。

RESUME:『編集終了』をクリック

RESUME:『編集終了』をクリック


実績を載せる(Works)

ここから一番重要な実績を載せていきましょう。

トップページでWorksをクリックします。

RESUME:『Works』をクリック

RESUME:『Works』をクリック

プロフィールを編集したい場合

もし先ほどまでのプロフィールなどを編集したい場合は、右下に見えている『Resumeを編集』から編集可能です。

Worksをクリックするとこちらが表示されます。

RESUME:『+Worksを作成する』をクリック

RESUME:『+Worksを作成する』をクリック

まだ何もないので『No Works yet.』となっていますね。

ここで『+Workを作成する』をクリックすると編集画面が表示されます。

RESUME:Works入力画面

RESUME:Works入力画面

カバー写真は実績として載せたいサイトのスクショを載せます。

ページ全体をスクショして載せた場合、Worksの個別ページでは全体が見れていいですが、一覧では右のようにスクショの中央付近が切り取られます。

RESUME:Works表示

RESUME:Works表示

逆に一覧でページトップから表示されるようにスクショした場合、個別ページでは当然切り取られた状態になるのでどちらにするかは良く考えましょう。

ページ全体のスクショは『GoFullPage』というChromeの拡張機能を使うと便利です。

GoFullPage

あとは記入したら右上の『公開設定』をクリックします。

RESUME:『公開設定』をクリック

RESUME:『公開設定』をクリック

そしてこちらが表示されます。

RESUME:Publish the work

RESUME:Publish the work

ここでリンクの設定や鍵をかけて限定公開にすることも可能です。

リンクってどこのリンク?

と思う方がいるかも知れませんが、架空サイトなどは自分のテストサーバーなどにアップしておきましょう。

デザイナーであればスクショだけでも良いかも知れませんが、コーダーの場合はスクショだけではコードは分からないし、ブラウザで見ないとアニメーションや崩れがないかなども分からないので、必ずリンクを設定しておきましょう。

まだサーバーの契約をしていない人はこちらの記事を参照下さい。

参考記事
【初心者向け】厳選したおすすめのレンタルサーバー3選を徹底比較!
【初心者向け】厳選したおすすめのレンタルサーバー3選を徹底比較!

続きを見る

テストサーバーについては以下の記事を参照下さい(エックスサーバーかConoha WINGの場合)

参考記事
【エックスサーバー】ポートフォリオやWordPressサイトの公開方法【テスト環境にも使える!】
【エックスサーバー】ポートフォリオやWordPressサイトの公開方法【テスト環境にも使える!】

続きを見る

参考記事
【Conoha WING】ポートフォリオやWordPressサイトの公開方法【テスト環境にも使える!】
【Conoha WING】ポートフォリオやWordPressサイトの公開方法【テスト環境にも使える!】

続きを見る

そしてこちらが入力した状態です。

RESUME:Publish the work

RESUME:Publish the work

設定出来たら右下の『公開する』をクリックして公開設定完了です。

設定したリンクはWorksの個別ページの右下の『WEBSITE』ボタンにあり、ここをクリックすればサイトが開くのですがちょっと分かりにくい場所にあるので、説明文に『ページの右下にサイトへのリンクボタンがあります』と書いておいた方がいいかも知れません。

RESUME:『WEBSITE』ボタン

RESUME:『WEBSITE』ボタン

Worksを追加したいときはページ右上にある『+New work』をクリックすればOKです。

RESUME:『+New work』をクリック

RESUME:『+New work』をクリック

以上になります。

 

コーディングの時給と作業効率を上げる!
2年間の実務で実際に使ったコードをまとめた『コーディング&WordPressメモまとめ集』をBrainで公開しています。
  • コピペで使えるWordPressの各テンプレート
  • 実務でよく使う見出し一覧
  • 実務でよく使うテキストのhoverアニメーション
  • 実務でよく使うボタン内の矢印9種類
  • Contact Form 7の色々・・・
などなど、他にもコピペで使えるコードがたくさん載せてあるので、時短=時給アップに繋がります。
さらに『コードのまとめ方が参考になった』というレビューも多数頂いているので、これを元に自分なりの"メモまとめ集"を作るという使い方も出来ます。
レビューは390件以上あるので、気になる方は以下のボタンからチェックしてみて下さい👇

今だけ!5大無料特典あり🎁

販売ページとレビューを見てみる


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月間最高8.4万PV▶︎Twitterのフォロワーは6100人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計700部&420万円突破

-Web制作, 案件獲得
-