Web制作 slick スライダー

【slick】スライダーをスマホのみ無効にする方法

slickのスライダーをスマホのみ無効にする方法ない?

今回はそんな疑問にお答えしていきます。

スマホのみスライダーを無効にしたい場合もあると思います。

スマホの判断は画面幅で決めていきます。

slickの基本的な使い方と、slickを使うのに必要なjQueryの使い方については以下の記事を参照下さい。

参考記事
レスポンシブ対応のスライダープラグイン slickの使い方
レスポンシブ対応のスライダープラグイン slickの使い方

続きを見る

参考記事
【初心者向け】jQueryとは?CDNを使った本体の読み込み方についても分かりやすく解説
【初心者向け】jQueryとは?CDNを使った本体の読み込み方についても分かりやすく解説

続きを見る

またslickには色々カスタマイズが出来るオプションがあるので、そちらも合わせて活用すると実装出来るスライダーの幅が広がります。

参考記事
【slick】カスタマイズ用オプションまとめ一覧
【slick】カスタマイズ用オプションまとめ一覧

続きを見る

今だけ!5大無料特典あり🎁

コーディングの時給アップにはこちら!


スマホ時にはスライダー無効

まずはスマホ時にスライダーを無効にしてみます。

今回はこのブログをPCで見た時に確認が出来るように、画面幅500px以下になったらスライダーを無効にしてみたいと思います。

See the Pen
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

最初はスライダーが機能していますが、画面幅を500px以下にするか、左上のHTML、CSS、JSをクリックして画面幅を狭くするとスライダーが無効になります(クリックすると500px以下になるという意味です)

コードは上のHTML、CSS、JSをクリックして頂ければ確認出来ますが、今回の「特定の幅以下になったらスライダーを無効」についてはコードはこちらになります。

$(function () {
  $(".slider").slick({
    ~省略~
    responsive: [
      {
        breakpoint: 500, // 500px未満で・・・
        settings: "unslick", // スライダーを無効
      },
    ],
  });
});
$(window).on("resize orientationchange", function () {
  $(".slider").slick("resize");
});

responsiveでブレイクポイントを設定し、色々な設定をします。

今回は500px以下でスライダー無効でしたが、スライドの枚数を変更したり色々な設定をする事が可能です。

また最後の3行がないと500px以下にした後に500pxにしてもスライダーが戻らないのでご注意下さい。

以上になります。

関連記事slick記事一覧
関連記事Swiper記事一覧

 

コーディングの時給と作業効率を上げる!
2年間の実務で実際に使ったコードをまとめた『コーディング&WordPressメモまとめ集』をBrainで公開しています。
  • コピペで使えるWordPressの各テンプレート
  • 実務でよく使う見出し一覧
  • 実務でよく使うテキストのhoverアニメーション
  • 実務でよく使うボタン内の矢印9種類
  • Contact Form 7の色々・・・
などなど、他にもコピペで使えるコードがたくさん載せてあるので、時短=時給アップに繋がります。
さらに『コードのまとめ方が参考になった』というレビューも多数頂いているので、これを元に自分なりの"メモまとめ集"を作るという使い方も出来ます。
レビューは390件以上あるので、気になる方は以下のボタンからチェックしてみて下さい👇

今だけ!5大無料特典あり🎁

販売ページとレビューを見てみる


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月間最高8.4万PV▶︎Twitterのフォロワーは6100人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計700部&420万円突破

-Web制作, slick, スライダー