Web制作 レンタルサーバー

エックスサーバーでWordPressサイトやMySQLデータベースを削除する方法

使わなくなったWordPressサイトやMySQLデータベースを削除したいけどどうやるの?

通常ブログなどを削除する事はそうそうないと思いますが、Web制作のWordPress案件ではテストサーバーを使う事が多く、削除しないとどんどん増えていってしまいます。

なのでWeb制作においては納品完了後はテストサーバーにインストールしたWordPressはアンインストールしましょう。

WordPressのアンインストールだけなら難しくありませんが、MySQLの削除はちょっと注意しないといけない点があるので、今回はその方法を解説していきます。

削除の際には十分ご注意の上、自己責任でお願いします

なおエックスサーバーでテストサーバーを作る方法については以下の記事を参照下さい。

参考記事
【エックスサーバー】ポートフォリオやWordPressサイトの公開方法【テスト環境にも使える!】
【エックスサーバー】ポートフォリオやWordPressサイトの公開方法【テスト環境にも使える!】

続きを見る

今だけ!5大無料特典あり🎁

コーディングの時給アップにはこちら!


エックスサーバーでWordPressサイトやMySQLデータベースを削除する方法

今回削除するものは3つあります。

  1. WordPress(アンインストール)
  2. MySQLデータベース
  3. MySQLユーザ

それでは順番に見ていきます。

 

WordPressをアンインストール

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

≫ サーバーパネルにログイン

こちらがサーバーパネルになります。

エックスサーバー:サーバーパネル

エックスサーバー:サーバーパネル

次に左下にある『WordPress』から『WordPress簡単インストール』をクリック(今回は削除ですがこちらで合っています)

エックスサーバー:WordPress簡単インストールをクリック

エックスサーバー:WordPress簡単インストールをクリック

次は削除したいWordPressが入っているドメインを選択します。

エックスサーバー:ドメイン選択画面でドメイン名を選択する

エックスサーバー:ドメイン選択画面でドメイン名を選択する

そして複数サイトがある場合はこのようになっています。

エックスサーバー:インストール済みWordPress一覧画面

エックスサーバー:インストール済みWordPress一覧画面

今回削除するのはこちらです。

エックスサーバー:削除したいWordPress

エックスサーバー:削除したいWordPress

ここで重要なのはMySQLデータベース名MySQLユーザー名です。

この2つはメモしておきましょう。

そして右の『削除』をクリックするとこちらが表示されます。

エックスサーバー:WordPressのアンインストール

エックスサーバー:WordPressのアンインストール

問題なければ右下の『アンインストールする』をクリックします。

そしてこの画面になれば完了です。

エックスサーバー:WordPressアンインストール完了

エックスサーバー:WordPressアンインストール完了

 

MySQLデータベースを削除

これでサイトは見れなくなりましたが『MySQLベータベース』と『MySQLユーザ』も削除しましょう。

以前はエックスサーバーの『X10プラン』ではデータベース数の上限が50で現在は無制限となりましたが、使っていないデータベースを削除しないと無限に増えてしまいます。

まずは『サーバーパネル → データベース → MySQL設定』をクリックします。

エックスサーバー:データベースのMySQL設定をクリック

エックスサーバー:データベースのMySQL設定をクリック

そしてこちらがMySQL一覧です。

エックスサーバー:MySQL一覧

エックスサーバー:MySQL一覧

ここで重要なのはデータベースの [ * ] です。

下の注意書きにもありますが、このマークが付いているデータベースはWordPressの簡単インストールがされているので、削除しようとすると注意書きが表示されます。

エックスサーバー:MySQLデータベース削除時の注意書き

エックスサーバー:MySQLデータベース削除時の注意書き

ただし [ * ] はWordPress簡単インストールでない場合は表示されないようなので、[ * ] がないからといって油断しないようにご注意下さい。

さらに『アクセス権所有ユーザ』はWordPressがインストールされていても確認なしでいきなり削除されるのでご注意下さい(ここは触らないようにしましょう)

エックスサーバー:MySQLのアクセス権所有ユーザ削除ボタンは触らない!

エックスサーバー:MySQLのアクセス権所有ユーザ削除ボタンは触らない!

そして今回削除するのはこちらです。

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除

先ほどWordPressの削除の時に表示されていたデータベース名『_wp5』ですね。 [ * ]もついていません。

間違いなければ『削除』をクリックします。

すると確認画面が表示されます。

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除(確認画面)

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除(確認画面)

[ * ] がないと注意書きは表示されません。

そして『削除する』をクリックするとこちらの画面になり完了です。

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除(完了画面)

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除(完了画面)

『戻る』をクリックするか『MySQL一覧』をクリックして、削除しているのを確認しましょう。

エックスサーバー:MySQL一覧

エックスサーバー:MySQL一覧

 

MySQLユーザを削除

最後に『MySQLユーザ』を削除をします。

実はこちらを削除するのをしばらく知らずに相当な数のユーザー名が溜まっていました・・・

削除する時は先ほどと同じMySQL設定の『MySQLユーザ一覧』のタブを選択します。

エックスサーバー:MySQLユーザ一覧

エックスサーバー:MySQLユーザ一覧

このように削除しないとどんどん溜まっていきます(30は溜まっていました)

消したいユーザー名で削除をクリックしますが、データベース名と違って [ * ] は表示されないのでご注意下さい。

間違いなければこちらの画面で『削除する』をクリックします。

エックスサーバー:MySQLユーザ削除

エックスサーバー:MySQLユーザ削除

そしてこちらが表示されれば削除完了です。

エックスサーバー:MySQLユーザ削除完了画面

エックスサーバー:MySQLユーザ削除完了画面

ちなみに間違って使用中の『MySQLユーザ』を削除して管理画面にアクセスするとこの画面になります。

エックスサーバー:データベース接続確立エラー画面

エックスサーバー:データベース接続確立エラー画面

心臓に悪い画面ですね・・・冒頭でも書きましたが、削除する際には十分ご注意ください。

以上になります。

 

コーディングの時給と作業効率を上げる!
2年間の実務で実際に使ったコードをまとめた『コーディング&WordPressメモまとめ集』をBrainで公開しています。
  • コピペで使えるWordPressの各テンプレート
  • 実務でよく使う見出し一覧
  • 実務でよく使うテキストのhoverアニメーション
  • 実務でよく使うボタン内の矢印9種類
  • Contact Form 7の色々・・・
などなど、他にもコピペで使えるコードがたくさん載せてあるので、時短=時給アップに繋がります。
さらに『コードのまとめ方が参考になった』というレビューも多数頂いているので、これを元に自分なりの"メモまとめ集"を作るという使い方も出来ます。
レビューは390件以上あるので、気になる方は以下のボタンからチェックしてみて下さい👇

今だけ!5大無料特典あり🎁

販売ページとレビューを見てみる


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月間最高8.4万PV▶︎Twitterのフォロワーは6100人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計700部&420万円突破

-Web制作, レンタルサーバー