レンタルサーバー

エックスサーバーでWordPressサイトやMySQLデータベースを削除する方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

使わなくなったWordPressサイトやMySQLデータベースを削除したいけどどうやるの?

通常ブログなどを削除する事はそうそうないと思いますが、Web制作のWordPress案件ではテストサーバーを使う事が多く、削除しないとどんどん増えていってしまいます。

なのでWeb制作においては納品完了後はテストサーバーにインストールしたWordPressはアンインストールしましょう。

WordPressのアンインストールだけなら難しくありませんが、MySQLの削除はちょっと注意しないといけない点があるので、今回はその方法を解説していきます。

削除の際には十分ご注意の上、自己責任でお願いします

なおエックスサーバーでテストサーバーを作る方法については以下の記事を参照下さい。

あわせて読みたい
【エックスサーバー】ポートフォリオやWordPressサイトの公開方法【テスト環境にも使える!】
【エックスサーバー】ポートフォリオやWordPressサイトの公開方法【テスト環境にも使える!】

続きを見る

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

エックスサーバーでWordPressサイトやMySQLデータベースを削除する方法

今回削除するものは3つあります。

  1. WordPress(アンインストール)
  2. MySQLデータベース
  3. MySQLユーザ

それでは順番に見ていきます。

 

WordPressをアンインストール

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

≫ サーバーパネルにログイン

こちらがサーバーパネルになります。

エックスサーバー:サーバーパネル

エックスサーバー:サーバーパネル

次に左下にある『WordPress』から『WordPress簡単インストール』をクリック(今回は削除ですがこちらで合っています)

エックスサーバー:WordPress簡単インストールをクリック

エックスサーバー:WordPress簡単インストールをクリック

次は削除したいWordPressが入っているドメインを選択します。

エックスサーバー:ドメイン選択画面でドメイン名を選択する

エックスサーバー:ドメイン選択画面でドメイン名を選択する

そして複数サイトがある場合はこのようになっています。

エックスサーバー:インストール済みWordPress一覧画面

エックスサーバー:インストール済みWordPress一覧画面

今回削除するのはこちらです。

エックスサーバー:削除したいWordPress

エックスサーバー:削除したいWordPress

ここで重要なのはMySQLデータベース名MySQLユーザー名です。

この2つはメモしておきましょう。

そして右の『削除』をクリックするとこちらが表示されます。

エックスサーバー:WordPressのアンインストール

エックスサーバー:WordPressのアンインストール

問題なければ右下の『アンインストールする』をクリックします。

そしてこの画面になれば完了です。

エックスサーバー:WordPressアンインストール完了

エックスサーバー:WordPressアンインストール完了

 

MySQLデータベースを削除

これでサイトは見れなくなりましたが『MySQLベータベース』と『MySQLユーザ』も削除しましょう。

以前はエックスサーバーの『X10プラン』ではデータベース数の上限が50で現在は無制限となりましたが、使っていないデータベースを削除しないと無限に増えてしまいます。

まずは『サーバーパネル → データベース → MySQL設定』をクリックします。

エックスサーバー:データベースのMySQL設定をクリック

エックスサーバー:データベースのMySQL設定をクリック

そしてこちらがMySQL一覧です。

エックスサーバー:MySQL一覧

エックスサーバー:MySQL一覧

ここで重要なのはデータベースの [ * ] です。

下の注意書きにもありますが、このマークが付いているデータベースはWordPressの簡単インストールがされているので、削除しようとすると注意書きが表示されます。

エックスサーバー:MySQLデータベース削除時の注意書き

エックスサーバー:MySQLデータベース削除時の注意書き

ただし [ * ] はWordPress簡単インストールでない場合は表示されないようなので、[ * ] がないからといって油断しないようにご注意下さい。

さらに『アクセス権所有ユーザ』はWordPressがインストールされていても確認なしでいきなり削除されるのでご注意下さい(ここは触らないようにしましょう)

エックスサーバー:MySQLのアクセス権所有ユーザ削除ボタンは触らない!

エックスサーバー:MySQLのアクセス権所有ユーザ削除ボタンは触らない!

そして今回削除するのはこちらです。

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除

先ほどWordPressの削除の時に表示されていたデータベース名『_wp5』ですね。 [ * ]もついていません。

間違いなければ『削除』をクリックします。

すると確認画面が表示されます。

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除(確認画面)

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除(確認画面)

[ * ] がないと注意書きは表示されません。

そして『削除する』をクリックするとこちらの画面になり完了です。

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除(完了画面)

エックスサーバー:MySQLデータベースの削除(完了画面)

『戻る』をクリックするか『MySQL一覧』をクリックして、削除しているのを確認しましょう。

エックスサーバー:MySQL一覧

エックスサーバー:MySQL一覧

 

MySQLユーザを削除

最後に『MySQLユーザ』を削除をします。

実はこちらを削除するのをしばらく知らずに相当な数のユーザー名が溜まっていました・・・

削除する時は先ほどと同じMySQL設定の『MySQLユーザ一覧』のタブを選択します。

エックスサーバー:MySQLユーザ一覧

エックスサーバー:MySQLユーザ一覧

このように削除しないとどんどん溜まっていきます(30は溜まっていました)

消したいユーザー名で削除をクリックしますが、データベース名と違って [ * ] は表示されないのでご注意下さい。

間違いなければこちらの画面で『削除する』をクリックします。

エックスサーバー:MySQLユーザ削除

エックスサーバー:MySQLユーザ削除

そしてこちらが表示されれば削除完了です。

エックスサーバー:MySQLユーザ削除完了画面

エックスサーバー:MySQLユーザ削除完了画面

ちなみに間違って使用中の『MySQLユーザ』を削除して管理画面にアクセスするとこの画面になります。

エックスサーバー:データベース接続確立エラー画面

エックスサーバー:データベース接続確立エラー画面

心臓に悪い画面ですね・・・冒頭でも書きましたが、削除する際には十分ご注意ください。

まとめ

今回はエックスサーバーでWordPressサイトやMySQLデータベースを削除する方法を解説しました。

間違った操作をすると取り返しがつかなくなるので、繰り返しになりますが十分注意して作業を行なって下さい。

以上になります。

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-レンタルサーバー