セキュリティ WordPress

必要か不要か?無料でも使えるWordPressプラグイン Akismet Anti-Spamの設定方法

WordPressインストールしたら最初から入ってるAkismet Anti-Spamってプラグインは何?
スパム対策のプラグインだよ!

WordPressをインストールしたらデフォルトでインストールされているこのプラグイン。

有効化するか、無効化のままか、削除するか迷う人が多いと思います。

今回はAkismet Anti-Spamの使い方について解説していきます。

Akismet Anti-Spamとは?

プラグイン名に(アンチスパム)と書いてあるのでそのままですが、スパムコメントを自動的に振り分けたりスパムメールを防いでくれるプラグインです。

必要か不要か?

スパムメール対策はこのプラグインが無くても出来ますが、スパムコメント対策をするのであればこのプラグインを有効化しておきたい所です。

もしコメントを出来ないように設定しているのであればこのプラグインは削除してしまってもいいかと思います。

つまり、

  • コメントを受け付ける:必要
  • コメントを受け付けない:不要

となります。

無料で使えるか?

このプラグインは無料で使う事も出来ますが条件があります。

それは、商用利用しない事。

あとで書いていますが、アフィリエイトなども商用利用に該当する為ご注意ください。

 

Akismet Anti-Spamの設定方法

それでは設定方法について解説していきます。

プラグインは主に3種類あります。

  1. 有効化するだけでOK
  2. 有効化して設定する必要あり
  3. 有効化して登録などする必要あり

今回の場合は③で、最初からインストールされている割に使えるようにするまでが結構手順が必要です。

登録画面などは英語ですがこれから解説する手順通りに進めれば大丈夫です。

それでは1つずつ見ていきましょう。

プラグインを有効化する

最初からインストールはされていますが、無効化されているのでまずはこれを有効化します。

有効化するとこの画面が表示されるので、Akismetアカウントを設定をクリックして先に進みます。

この画面は後で戻ってくるのでそのまま表示しておきましょう(もし閉じてしまっても大丈夫です)

 

アカウントを設定する

先ほどのボタンをクリックするとこちらの画面が表示されます。

ここでGet Personalをクリックするとこちらの画面が表示されます。

ここで赤枠の部分を左にぐいーっと動かします。

すると年額0円となって左のカード番号入力欄がなくなります。

 

それでは入力していきます。

上から順に、

  • メールアドレス
  • 名前
  • 苗字
  • サイトのURL
  • チェックは全てに入れる
  • 入力が終わったら一番下のボタンをクリック

となります。

ちなみにチェック項目を翻訳したのがこちらです。

  • 私のサイトには広告がありません
  • 私のサイトでは製品/サービスを販売しません
  • 私は自分のサイトでビジネスを宣伝しません

このプラグインは無料で使う事が出来ますが、商用利用の場合は有料にする必要があります。

そして広告と書いてあるので、アフィリエイト広告が貼ってあるサイトも無料では使えません。

そしてボタンをクリックするとこちらの画面が表示されます。

ここに登録したメールアドレス宛に届く6桁の確認コードを入力してContinueボタンをクリックします。

ちなみにメールに届くコードはこのようになっています。

そしてContinueボタンをクリックしたらこちらの画面が表示されます。

ここでする事は特にないので閉じてしまって大丈夫です。

そしてこの表示と同時に以下のメールが届きます。

この赤枠部分にAPIキーが書いてあるので、最初の方に表示させておいたWordPressの管理画面に戻ってManually enter an API keyをクリックします。

もし画面を閉じてしまっていた場合はプラグイン → インストール済みプラグインから設定Akismetアカウントを設定をクリックすれば上の画面が表示されます。

そしてManually enter an API keyをクリックしたらこちらの画面になります。

ここで先ほど届いたメールに書いてあったAPIキーを入力して接続します。

そしてこちらの画面が表示されれば完了です。

設定は好みに合わせて変更して頂ければOKです。

これでスパムと判断されたコメントは自動で以下のスパムフォルダに振り分けられるようになりました。

 

一度設定すれば複数アカウントで使える

一度取得したAPIキーは他のアカウントでも使用出来るので、毎回この作業をする必要はありません。

APIキーは管理画面 → プラグイン → インストール済みプラグインから、プラグインの設定をクリックすればまたこちらの画面が表示されるので確認出来ます(もしくは届いたメールで確認)

以上になります。

-セキュリティ, WordPress