WordPress セキュリティ お問い合わせフォーム

【Contact Form 7】海外からの迷惑なスパムメール対策方法【プラグイン不要】

Contact Form 7で作ったお問い合せフォームからめっちゃ英語のメールが届くけどどうにかならない?

お問い合せフォームを設置したらほぼ確実に起こる問題がスパムメールです。

中には海外から英語だけのメールも届くこともあるので、今回はプラグインを使わずに英語だけのメールを弾く方法をご紹介していきます。

『Akismet Anti-Spam』というプラグインを使ったスパムメール対策については以下の記事を参照下さい。

参考記事
【WordPress】Akismet Anti-Spamを使ってContact Form 7のスパムメール対策する方法
【WordPress】Akismet Anti-Spamを使ってContact Form 7のスパムメール対策する方法

続きを見る

またContact Form 7の基本的な使い方については以下の記事を参照下さい。

参考記事
Contact Form 7の基本的な使い方【WordPressお問い合わせフォームの定番プラグイン】
Contact Form 7の基本的な使い方【WordPressお問い合わせフォームの定番プラグイン】

続きを見る

今だけ!5大無料特典あり🎁

コーディングの時給アップにはこちら!


Contact Form 7で海外からの迷惑メールにスパム対策する方法

今回はプラグインを使わずに英語のみのメールを弾く方法を解説しますが、その方法はfunctions.phpにコードを追記となります。

とは言ってもWordPressのオリジナルテーマ制作でもやっていないと分からないと思うので、画像で解説していきます。

もちろんテンプレートファイルを直接編集出来る方はそちらの方法でもOKです。

まずは管理画面の『外観 → テーマファイルエディター』を開きます。

WordPress管理画面:外観 → テーマファイルエディター

WordPress管理画面:外観 → テーマファイルエディター

すると初回のみこちらの注意文がポップアップされるので『理解しました』をクリックします。

テーマファイルエディター初回クリック時に表示

テーマファイルエディター初回クリック時に表示

テーマファイルエディターを開いたら、右側のテーマファイルにある『functions.php』を開きます。

テーマファイルエディター:functions.phpを開く

テーマファイルエディター:functions.phpを開く

そして『functions.php』の中にこの後ご紹介するコードを追記します。

コードを追記する位置に決まりはありませんが、分かりやすいように一番下あたりに書くといいでしょう。

テーマファイルエディター:functions.php

テーマファイルエディター:functions.php

上記の場合は642行目が最後になるので、643行目以降に書きます。

 

functions.phpにコードを追記

それでは本題となる追記するコードはこちらです。

// Contact Form7のお問い合せフォーム項目にひらがなが無ければ送信不可
add_filter('wpcf7_validate_textarea', 'wpcf7_validation_textarea_hiragana', 10, 2);
add_filter('wpcf7_validate_textarea*', 'wpcf7_validation_textarea_hiragana', 10, 2);
function wpcf7_validation_textarea_hiragana($result, $tag)
{
  $name = $tag['name'];
  $value = (isset($_POST[$name])) ? (string) $_POST[$name] : '';
  if ($value !== '' && !preg_match('/[ぁ-ん]/u', $value)) {
    $result['valid'] = false;
    $result['reason'] = array($name => 'エラー:こちらの内容は送信できません。');
  }
  return $result;
}

これを先ほどの『functions.php』に入れるとこうなります。

テーマファイルエディター:functions.phpにコード追記

テーマファイルエディター:functions.phpにコード追記

あとは忘れずに下の『ファイルを更新』をクリックしましょう。


送信確認

あとは先ほど追記したコードが正常に機能しているか確認します。

ひらがなが含まれている場合と、英語のみの場合で見比べてみます。

 

ひらがなが含まれている場合

入力欄はこのようにしてみます。

お問い合わせフォーム:ひらがな含む場合

お問い合わせフォーム:ひらがな含む場合

これで送信ボタンをクリックするとこのようにメッセージが表示されます。

送信成功メッセージ

送信成功メッセージ

上記はひらがなが含まれているので問題なく送信できました。

 

英語のみの場合

次は英語のみで送信テストをします。入力欄はこのようにしてみます。

お問い合わせフォーム:英語のみの場合

お問い合わせフォーム:英語のみの場合

この状態で送信ボタンをクリックするとこのように表示されます。

お問い合わせフォーム:送信失敗

お問い合わせフォーム:送信失敗

送信ボタンの上に自分で追記したエラーメッセージが表示されればOKです。

その下のオレンジ枠のメッセージは『Contact Form 7』の自動エラーメッセージです。

注意ポイント

英語のみ以外にもひらがなが含まれていなければエラーの対象となります。

以上になります。

あわせて読む
必要か不要か?無料でも使える『Akismet Anti-Spam』の設定方法【WordPressプラグイン スパム対策】
必要か不要か?無料でも使える『Akismet Anti-Spam』の設定方法【WordPressプラグイン スパム対策】

続きを見る

あわせて読む
【WordPress】Akismet Anti-Spamを使ってContact Form 7のスパムメール対策する方法
【WordPress】Akismet Anti-Spamを使ってContact Form 7のスパムメール対策する方法

続きを見る

あわせて読む
WordPressのスパム対策『reCAPTCHA(v3)』とは?【Contact Form 7の設定方法も解説】
WordPressのスパム対策『reCAPTCHA(v3)』とは?【Contact Form 7の設定方法も解説】

続きを見る

関連記事Contact Form 7 関連記事一覧

 

コーディングの時給と作業効率を上げる!
2年間の実務で実際に使ったコードをまとめた『コーディング&WordPressメモまとめ集』をBrainで公開しています。
  • コピペで使えるWordPressの各テンプレート
  • 実務でよく使う見出し一覧
  • 実務でよく使うテキストのhoverアニメーション
  • 実務でよく使うボタン内の矢印9種類
  • Contact Form 7の色々・・・
などなど、他にもコピペで使えるコードがたくさん載せてあるので、時短=時給アップに繋がります。
さらに『コードのまとめ方が参考になった』というレビューも多数頂いているので、これを元に自分なりの"メモまとめ集"を作るという使い方も出来ます。
レビューは390件以上あるので、気になる方は以下のボタンからチェックしてみて下さい👇

今だけ!5大無料特典あり🎁

販売ページとレビューを見てみる


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月間最高8.4万PV▶︎Twitterのフォロワーは6100人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計700部&420万円突破

-WordPress, セキュリティ, お問い合わせフォーム
-