セキュリティ WordPress

【Contact Form 7】海外からの迷惑なスパムメール対策方法【プラグイン不要】

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

Contact Form 7で作ったお問い合せフォームからめっちゃ英語のメールが届くけどどうにかならない?

お問い合せフォームを設置したらほぼ確実に起こる問題がスパムメールです。

中には海外から英語だけのメールも届くこともあるので、今回はプラグインを使わずに英語だけのメールを弾く方法をご紹介していきます。

Akismet Anti-Spamというプラグインを使ったスパムメール対策については以下の記事を参照下さい。

あわせて読みたい
【WordPress】Akismet Anti-Spamを使ってContact Form 7のスパムメール対策する方法
【WordPress】Akismet Anti-Spamを使ってContact Form 7のスパムメール対策する方法

続きを見る

またContact Form 7の基本的な使い方については以下の記事を参照下さい。

あわせて読みたい
Contact Form 7の基本的な使い方【WordPressお問い合わせフォームの定番プラグイン】
Contact Form 7の基本的な使い方【WordPressお問い合わせフォームの定番プラグイン】

続きを見る

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

Contact Form 7で海外からの迷惑メールにスパム対策する方法

今回はプラグインを使わずに英語のみのメールを弾く方法を解説しますが、その方法はfunctions.phpにコードを追記となります。

とは言ってもWordPressのオリジナルテーマ制作でもやっていないと分からないと思うので、画像で解説していきます。

もちろんテンプレートファイルを直接編集出来る方はそちらの方法でもOKです。

まずは管理画面の『外観 → テーマファイルエディター』を開きます。

WordPress管理画面:外観 → テーマファイルエディター

WordPress管理画面:外観 → テーマファイルエディター

すると初回のみこちらの注意文がポップアップされるので『理解しました』をクリックします。

テーマファイルエディター初回クリック時に表示

テーマファイルエディター初回クリック時に表示

テーマファイルエディターを開いたら、右側のテーマファイルにある『functions.php』を開きます。

テーマファイルエディター:functions.phpを開く

テーマファイルエディター:functions.phpを開く

そして『functions.php』の中にこの後ご紹介するコードを追記します。

コードを追記する位置に決まりはありませんが、分かりやすいように一番下あたりに書くといいでしょう。

テーマファイルエディター:functions.php

テーマファイルエディター:functions.php

上記の場合は642行目が最後になるので、643行目以降に書きます。

 

functions.phpにコードを追記

それでは本題となる追記するコードはこちらです。

// Contact Form7のお問い合せフォーム項目にひらがなが無ければ送信不可
add_filter('wpcf7_validate_textarea', 'wpcf7_validation_textarea_hiragana', 10, 2);
add_filter('wpcf7_validate_textarea*', 'wpcf7_validation_textarea_hiragana', 10, 2);
function wpcf7_validation_textarea_hiragana($result, $tag)
{
  $name = $tag['name'];
  $value = (isset($_POST[$name])) ? (string) $_POST[$name] : '';
  if ($value !== '' && !preg_match('/[ぁ-ん]/u', $value)) {
    $result['valid'] = false;
    $result['reason'] = array($name => 'エラー:こちらの内容は送信できません。');
  }
  return $result;
}

これを先ほどの『functions.php』に入れるとこうなります。

テーマファイルエディター:functions.phpにコード追記

テーマファイルエディター:functions.phpにコード追記

あとは忘れずに下の『ファイルを更新』をクリックしましょう。


送信確認

あとは先ほど追記したコードが正常に機能しているか確認します。

ひらがなが含まれている場合と、英語のみの場合で見比べてみます。

 

ひらがなが含まれている場合

入力欄はこのようにしてみます。

お問い合わせフォーム:ひらがな含む場合

お問い合わせフォーム:ひらがな含む場合

これで送信ボタンをクリックするとこのようにメッセージが表示されます。

送信成功メッセージ

送信成功メッセージ

上記はひらがなが含まれているので問題なく送信できました。

 

英語のみの場合

次は英語のみで送信テストをします。入力欄はこのようにしてみます。

お問い合わせフォーム:英語のみの場合

お問い合わせフォーム:英語のみの場合

この状態で送信ボタンをクリックするとこのように表示されます。

お問い合わせフォーム:送信失敗

お問い合わせフォーム:送信失敗

送信ボタンの上に自分で追記したエラーメッセージが表示されればOKです。

その下のオレンジ枠のメッセージは『Contact Form 7』の自動エラーメッセージです。

注意ポイント

英語のみ以外にもひらがなが含まれていなければエラーの対象となります。

まとめ

今回はContact Form 7で海外からの迷惑なスパムメールを対策する方法を解説しました。

セキュリティ対策はなるべく早めにやっておきたいですね。

以上になります。

あわせて読みたい
必要か不要か?無料でも使える『Akismet Anti-Spam』の設定方法【WordPressプラグイン スパム対策】
必要か不要か?無料でも使える『Akismet Anti-Spam』の設定方法【WordPressプラグイン スパム対策】

続きを見る

あわせて読みたい
【WordPress】Akismet Anti-Spamを使ってContact Form 7のスパムメール対策する方法
【WordPress】Akismet Anti-Spamを使ってContact Form 7のスパムメール対策する方法

続きを見る

あわせて読みたい
WordPressのスパム対策『reCAPTCHA(v3)』とは?【Contact Form 7の設定方法も解説】
WordPressのスパム対策『reCAPTCHA(v3)』とは?【Contact Form 7の設定方法も解説】

続きを見る

関連記事Contact Form 7 関連記事一覧

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-セキュリティ, WordPress
-