WordPress

『All-in-One WP Migration』で納品時の上書きやバージョン違いなどの注意点を解説

『All-in-One WP Migration』を使って納品する時の注意点ってある?

実務での引っ越しやバックアップでも非常によく使う『All-in-One WP Migration』ですが、納品時に注意しなければならないことがあります。

今回はデータを移行するとどうなるか、また移行する際の注意点について解説していきたいと思います。

『All-in-One WP Migration』の基本的な使い方については以下の記事を参照下さい。

参考記事
【WordPress】All-in-One WP Migrationの使い方【容量を上げる方法も解説】
【WordPress】All-in-One WP Migrationの使い方【容量を上げる方法も解説】

続きを見る

今だけ!5大無料特典あり🎁

コーディングの時給アップにはこちら!


『All-in-One WP Migration』で移行したときの移行先の状態

『All-in-One WP Migration』を使って移行したときの移行先の状態は以下のようになります(高度なオプションを使わずファイル丸ごとエクスポートする場合)

移行先の状態

  • 固定ページは全て消える(移行元の固定ページが移行)
  • 投稿ページは全て消える(移行元の投稿ページが移行)
  • メディアは全て消える(移行元のメディアが移行)
  • サイト名は上書きされる
  • ユーザー名とパスワードは上書きされる
  • プラグインは消えないが有効化が外れ無効化する
    (移行元で同じプラグインが有効化であれば有効化のまま残る)
  • 移行元のプラグインは有効化の物は有効化の状態で移行される
  • 移行先のテーマは消えない

上記のように消えたり上書きされるものが多いので、注意が必要です。

投稿ページを残したい場合は以下の記事を参照下さい。

参考記事
『All-in-One WP Migration』のデータ移行後に投稿記事を復元させる方法
『All-in-One WP Migration』のデータ移行後に投稿記事を復元させる方法

続きを見る

ユーザー名とパスワードも上書きされるので、移行前のエクスポートする際に移行先と揃えておいた方がいいでしょう。

ユーザー名はプラグインを使わないと変更出来ないので、以下の記事を参照下さい。

参考記事
【WordPress】ログインユーザー名を変更できるプラグイン『Username Changer』の使い方
【WordPress】ログインユーザー名を変更できるプラグイン『Username Changer』の使い方

続きを見る

 

移行元と移行先のテーマ名が同じ場合

またちょっと特殊な例ですが、移行元と移行先のテーマ名が同じだったとします。

移行元には『page-about.php』という固定ページがあり移行先に同じテーマ名のテーマがあった場合、移行したら移行先のテーマに『page-about.php』というテンプレートファイルが移行します。

これは先ほどまでの上書きされるという考えと同じなので問題ないと思います。

逆に移行先に『page-about.php』というファイルはあるが移行元にはない場合、移行したらどうなるでしょうか?

これはプラグインと同じで消えずに残ります。

プラグインの場合は不要なら削除すればいいですがテンプレートファイルは管理画面からは削除出来ないので、FTPソフトなど使ってサーバーに接続してファイルを直接削除するか、テーマごと削除しないといけません。

 

『All-in-One WP Migration』で移行する前の注意事項

  • WordPressのバージョンは移行元と移行先で揃えておく
  • phpのバージョンのバージョンも揃えておく ※1
  • 移行するファイルの容量が制限容量を超える場合、最大アップロードサイズを増やしておく ※2
  • データをエクスポートする際に『セキュリティ対策・ログイン認証・キャッシュ高速化』のプラグインは無効化しておく

※1 phpのバージョンが違うとガッツリエラーが出る事があるのでご注意下さい(WordPressのバージョン違いは未検証)

※2 最大アップロードサイズを増やす方法は以下の記事を参照下さい。
WordPressAll-in-One WP Migrationの使い方【容量を上げる方法も解説】

また『セキュリティ対策・ログイン認証・キャッシュ高速化』などのプラグインが有効化されていると移行後にログイン出来なくなる可能性があるので、データをエクスポートする際は無効化しておきましょう。


『All-in-One WP Migration』で移行した後の確認事項

そして本番サイトに移行した後の確認事項です。

  • 『検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする』のチェックは外れているか?
  • お問い合わせフォームのメールアドレスは合っているか?
  • 不要なプラグインやテーマは残っていないか?
  • 絶対パスで指定しているURLは本番サイトのURLになっているか?

最初のチェックはテストサーバーではチェックを入れているかと思いますが、本番サイトに移行後もチェックが入っているとサイトが公開されません。

メールアドレスはテストサーバーではテスト用のメールアドレスを設定している事があるので、ここも忘れずにチェック。

不要なプラグインやテーマは容量の問題もあるので削除してしまった方がいいでしょう(使ってないのに更新の通知が頻繁に来るのも面倒です)

最後の絶対パスで指定している箇所については見落としがちなのでご注意下さい。

絶対パスに注意

  • jsファイル(スライダーの前後の矢印画像を絶対パスで変更しているなど)
  • aタグのdownload属性(メディアライブラリにあるファイルのURL)
  • functions.php(ファイルの絶対パスなど)

相対パスであれば問題ないのですが、この辺は見落としがちなので忘れないようにして下さい。

以上になります。

また思いついたら随時追記していこうと思います。

あわせて読む
【WordPress】All-in-One WP Migrationの使い方【容量を上げる方法も解説】
【WordPress】All-in-One WP Migrationの使い方【容量を上げる方法も解説】

続きを見る

あわせて読む
『All-in-One WP Migration』のデータ移行後に投稿記事を復元させる方法
『All-in-One WP Migration』のデータ移行後に投稿記事を復元させる方法

続きを見る

 

コーディングの時給と作業効率を上げる!
2年間の実務で実際に使ったコードをまとめた『コーディング&WordPressメモまとめ集』をBrainで公開しています。
  • コピペで使えるWordPressの各テンプレート
  • 実務でよく使う見出し一覧
  • 実務でよく使うテキストのhoverアニメーション
  • 実務でよく使うボタン内の矢印9種類
  • Contact Form 7の色々・・・
などなど、他にもコピペで使えるコードがたくさん載せてあるので、時短=時給アップに繋がります。
さらに『コードのまとめ方が参考になった』というレビューも多数頂いているので、これを元に自分なりの"メモまとめ集"を作るという使い方も出来ます。
レビューは390件以上あるので、気になる方は以下のボタンからチェックしてみて下さい👇

今だけ!5大無料特典あり🎁

販売ページとレビューを見てみる


ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

じゅんぺい

タイ・バンコク在住のWeb制作フリーランス兼ブロガー▶︎37歳からWeb制作を開始▶︎コーディングとWordPressのオリジナルテーマ制作でこれまで80件以上納品▶︎Web制作中心の当ブログは月間最高8.4万PV▶︎Twitterのフォロワーは6100人▶︎コーディングとWordPressのコンテンツを販売し、3日で500部突破&250万円&人気1位獲得 → 累計700部&420万円突破

-WordPress
-