jQuery Web制作

inview.jsでスクロールして表示領域に入ったらフェードインさせる方法【jQueryプラグイン】

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

スクロールして表示領域に入ったら要素をフェードインさせる事出来ない?
jQueryのプラグインを使えば簡単に出来るよ!

以前『wow.jsの使い方』で同じような物をご紹介しましたが、実務でよく使うのは圧倒的に『inview.js』の方になります。

正確に言えばフェードインだけではなく、スクロールして表示領域に入ったらclassを付与して色んなイベントを発生させることが出来ます。

今回は画像とサンプルを使って『inview.js』の使い方を解説していきます。

また、GSAPを使えばCSSを編集せずに実装できるので、GSAPを使う方法もおすすめです。

あわせて読みたい
【GSAP】ScrollTriggerの使い方とスクロールアニメーションのサンプルを紹介
【GSAP】ScrollTriggerの使い方とスクロールアニメーションのサンプルを紹介

続きを見る

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

スクロールして表示領域に入ったらフェードイン出来る『inview.js』の使い方

『inview.js』の使い方は以下になります。

  1. 『inview.js』をダウンロードしてファイルを読み込む
  2. HTMLにclassを書く
  3. CSSでフェードイン前後のコードを書く
  4. jQueryで表示領域に入ったらclassを付与させる

それでは順番に見ていきますが、まずはjQueryを使用するのでjQuery本体を読み込みましょう。

jQueryの使い方はこちらの記事を参照下さい。

あわせて読みたい
【初心者向け】jQueryとは?CDNを使った本体の読み込み方についても分かりやすく解説
【初心者向け】jQueryとは?CDNを使った本体の読み込み方も分かりやすく解説

続きを見る

 

『inview.js』をダウンロード

まずは今回使用する『inview.js』を以下のGitHubページからダウンロードします。

inview.js

inview.jsダウンロード

inview.jsダウンロード

ダウンロードしたファイルを解凍したら『jquery.inview.min.js』を取り出します。

inview.jsファイル一覧

inview.jsファイル一覧

使うファイルはこれだけでOKです。

注意ポイント

CDNを使う場合はjQuery1系を使わないと動かないようなので、今回はファイルを使う方法でいきます(CodePenではCDNです)

そしてファイルを読み込むコードを書きます(HTMLと同じ階層にjsフォルダがあり、その中にjquery.inview.min.jsがある場合)

<script src="js/jquery.inview.min.js"></script>

まずは下から上にフェードインさせたい場合を例に解説していきます。

 

HTMLにclassを書く

まずHTML側でフェードインさせたい要素に分かりやすいclass名を付けます。

今回は『js-fadeUp』とします。

<div class="container">
  <div class="box js-fadeUp">
    <img src="画像のパス" alt=""/>
  </div>
  <div class="box js-fadeUp">
    <img src="画像のパス" alt=""/>
  </div>
  <div class="box js-fadeUp">
    <img src="画像のパス" alt=""/>
  </div>
</div>

この『js-fadeUp』というclassが付いている要素が表示領域に入った時、jQueryでフェードイン用のclass名を付与します。

 

CSSでフェードイン前後のコードを書く

CSSはフェードイン前後のコードを書きます。

/* フェードイン(初期値) */
.js-fadeUp {
  opacity: 0; /* 最初は非表示 */
  transform: translateY(30px); /* 下に30pxの位置から */
  transition: opacity .8s, transform .8s; /* 透過率と縦方向の移動を0.8秒 */
}
/* フェードイン(スクロールした後) */
.js-fadeUp.is-inview {
  opacity: 1; /* 表示領域に入ったら表示 */
  transform: translateY(0); /* 30px上に移動する */
  transition-delay: .5s; /* フェード開始を0.5秒遅らせる */
}

今回はフェードインさせる際、下から上に上がってくるようにしています。

左右に動かしたい場合は『translateY』を『translateX』にすればOKです。

『is-inview』というclass名はこの後のjQueryで付与します(このclass名は自由に決めてOK)

また表示領域に入ったと同時にフェードインが始まるとちょっと早いと思った場合は『transition-delay』で開始のタイミングを遅らせる事が出来ます。

 

jQueryで表示領域に入ったらclassを付与する

最後にjQueryです。

まずはコードを見てみましょう。

// スクロールして表示領域に入ったらclass付与
$(function () {
  $(".js-fadeUp").on("inview", function () {
    $(this).addClass("is-inview");
  });
});

これはこのような意味になります。

  1. 『js-fadeUp』というclassを持つ要素が表示領域に入ったら、
  2. その要素に対して『is-inview』というclass名を付与する

なので今回は『スクロールして表示領域に入ったらclassを付与する』という事をしているだけなので、フェードイン以外にも色々と応用が効きます。

例えばスクロールして表示領域に入ったらフォントの色を変えるという事も可能です。

 

スクロールしてフェードインとフォントの色を変えてみる

それでは最後に画像のフェードインとフォントの色が変わるサンプルを見てみましょう。

スクロールしていくと画像のフェードインが3種類(下から上、左から右、右から左)と、最後にフォントの色が変わりながら大きくなります(フォントはあまり使う機会はないと思いますが)

先ほどのコードに追記しているので、コードは以下のタブを切り替えてご覧ください。

See the Pen
inview.js
by junpei (@junpei-sugiyama)
on CodePen.

これは実務でもかなり高確率で使うので、ぜひ覚えておきましょう。

まとめ

今回はinview.jsの使い方を解説しました。

フェードインは『とりあえず』的な感じで実装を依頼されることが非常に多いので、これを使ってサクッと実装できるようにしておくと便利です。

以上になります。

あわせて読みたい
Animate.cssをスクロールに応じてアニメーションできる『wow.js』の使い方【サンプルで解説】
Animate.cssをスクロールに応じてアニメーションできる『wow.js』の使い方【サンプルで解説】

続きを見る

あわせて読みたい
【jQuery】スクロールして要素が画面内に入ったらフェードインさせる方法
【jQuery】スクロールして要素が画面内に入ったらフェードインさせる方法

続きを見る

 

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-jQuery, Web制作
-