WordPress

【WordPress】コピーライトの年号表記を自動更新する方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

フッターにあるコピーライト(Copyright)の年号って年が変わったら自動更新するように出来ない?

コピーライトとは、ページの一番下に表示されているこのようなやつです。

コピーライトのサンプル

コピーライトのサンプル

コピーライトの書き方はいろいろありますが、これは『最初の発行年』と『現在の年』が表示されています。

そして『現在の年』を自動更新させる方法をご紹介します。

 

完全無料のプログラミングスクール『ZeroPlus Gate』
30日間でWeb制作を学べる無料のプログラミングスクールがこちら
  • 30日間でWeb制作を学べる
  • 完全無料
  • 現役エンジニアへの質問無制限
  • オンラインの動画学習なので時間場所を問わず勉強可能
  • 最大4回の学習サポート面談
  • 受付は1日25名までの先着制
無料なのに専属のメンターが付き、現役エンジニアへの質問も無制限という破格のサービスです。
いきなり数十万するプログラミングスクールは厳しい・・・という人のお試しに最適。
現在は無料ですがいつ有料になるか分からないので、気になる方はお早めに👇

\ 完全無料 /

ZeroPlus Gate公式サイト

先着1日25名まで!

WordPressでコピーライトの年号表記を自動更新する方法

早速答えになりますが、こちらのコードを書けばOKです。

<!-- 自動更新なし -->
<small class="">©2019 - 2022 じゅんぺいブログ</small>

<!-- 自動更新あり -->
<small class="">©2019 - <?php echo date('Y'); ?> じゅんぺいブログ</small>

<?php echo date('Y'); ?><?php echo date('y'); ?>と書くと『2022』ではなく『22』 と下2桁になります。

Yが『大文字か小文字か』の違いですね。

また、最初の発行年を省略して現在の年だけ表示させているサイトもありますが、最初の発行年は必須項目となっています。

詳しくは以下のページを参照下さい。

著作権表示 - Wikipedia

以上になります。

Web制作おすすめ教材と案件獲得サービス
当ブログではWeb制作学習におすすめの教材を厳選してご紹介しています。
こちらの記事を参考に教材を購入して成果を出している人もたくさんいるので、自分に必要な教材を探してみて下さい。
また、学習面だけでなく営業面である案件獲得サービスもご紹介しています。
スキルが身についても仕事がなければ意味がないので、営業に不安がある人はこちらの記事をぜひ参考にしてみて下さい。
この記事を参考にスキルと営業力を身につけて稼げるようになりましょう!

-WordPress