ブログ WordPress

【WordPress】Googleアナリティクスの設定方法

ブログを始めたけどGoogleアナリティクスの設定ってどうすればいい?

今回はブログ開設後に必ず導入しておきたいGoogleアナリティクスの設定方法について解説していきます。

ブログの開設がまだの人はこちらの記事を参照下さい。

初心者でも10分で出来る!WordPressブログの始め方【丁寧に解説】

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは無料で使えるアクセス解析ツールです。

どんな事が分かるかというと、

  • PV数
  • ユーザー数
  • どの時間帯にアクセスされたか
  • どのデバイスからアクセスされたか
  • どうやってアクセスされたか(検索かSNSかなど)

などなど、全部書いたら大変なのでここでは一部しか書きませんが、

「月間PV数が先月と比べてどのくらい伸びているか」

「どの記事が人気なのか」

など見る事が出来るブログを運営していく上で欠かせないものとなっています。

ちなみにこのブログは土日はアクセス数がグッと下がります・・・

Googleアナリティクスの詳細についてはまた別に書きたいと思います。

 

Googleアナリティクスを設定する方法

Googleアナリティクスを設定するには、Googleのアカウントを持っていることが前提となります。

まだ持っていない方はGoogleのアカウントを作成する所から始めましょう。

GoogleのアカウントにログインしたらGoogleアナリティクスにアクセスします。

Googleアナリティクスへアクセス

それでは設定していきます。

 

Googleアナリティクスでサイトを登録

まずはこちらの画面が表示されるので、測定を開始をクリックします。

 

アカウントの設定

こちらがアカウントの設定画面になります。

アカウント名は複数のアカウントで使用した時のことを想定して、サイト名ではなく共通でも使える分かりやすい名前にしておくといいかと思います(後から変更可能)

チェック項目は全てにチェックを入れて次へをクリックします。

 

プロパティの設定

次はプロパティの設定です。

ここで設定するには以下の項目になります。

  • プロパティ名:任意(サイト名などでOK)
  • レポートのタイムゾーン:日本(時間は自動で変わります)
  • 通貨:日本円

そして詳細オプションを表示をクリックするとこちらが表示されます。

ここで右上のスイッチをONにするとこちらが表示されます。

ここで設定するのは以下になります。

  • ウェブサイトのURL
  • Googleアナリティクス4とユニバーサルアナリティクスのプロパティを両方作成するにチェック
  • Googleアナリティクス4プロパティの拡張計測機能を有効にするにチェック

ウェブサイトのURLはhttpとhttpsのどちらかを選択しますが、このブログを参考に開設した人はhttpsになっていると思うのでその場合はhttpsを選択しましょう。

https化、つまりSSL化する方法については以下の記事を参照下さい。

WordPressで簡単に常時SSL化が出来るプラグイン「Really Simple SSL」の使い方

ウェブサイトのURLを入力すると下にある次へボタンがアクティブになるので、クリックして次に進みます。

 

ビジネスの概要

ここは該当する業種を選択、ビジネスの規模、利用目的にチェックを入れて作成をクリックすればOKです。

 

Googleアナリティクス利用規約

この後こちらのポップアップが表示されます。

デフォルトではアメリカになっているので、日本を選択してチェックを入れて同意するをクリックして完了です。

 

WordPress側でトラッキングコード設定

WordPressにトラッキングコードを設定するにはトラッキングIDかトラッキングコードを使い、方法は3つあります。

  1. headタグに埋め込む(トラッキングコード)
  2. テーマで設定(トラッキングID)
  3. プラグインで設定(トラッキングコード)

これはどれか1つだけやればよく、逆に複数設定すると正確な解析が出来なくなるのでご注意下さい。

1つずつ見ていきます。

 

headタグに埋め込む

この方法ですが、親テーマにコードを埋め込むとテーマが更新された時に上書きされてコードが消えてしまいます。

なので子テーマのheadタグに埋め込みます(子テーマについての説明はここでは省略します)

まずはGoogleアナリティクスの左下にある管理ボタンをクリックしてこちらを表示させます。

ちなみにUAから始まるプロパティはユニバーサルアナリティクス、GAから始まるプロパティはGoogleアナリティクス4となり、ここではUAの方で進めていきます。

ここで設定したいプロパティを右上の矢印で選択して、トラッキング情報をクリックすると下にメニューが表示されるのでトラッキングコードをクリックします。

そしてこの画面にトラッキングIDとトラッキングコードが表示されています。

headタグに埋め込むときに使うのはトラッキングコードの方です。

トラッキングコードをまるっとコピーしたら、WordPressに管理画面を開きます。

そして外観 → テーマエディターを開きます。

ここでこのようなポップアップが表示されます(初回のみ)

書いてある通りで、ここでの編集をミスると画面が真っ白になったりガッツリエラーが出ることもあるので注意しましょう。

そして理解しましたをクリックします。

次に編集画面の右側がこちらになります。

ここで編集するテーマを選択しますが、ここで親テーマではなく子テーマを選びましょう。

そしてheader.phpを選択します。

トラッキングコードを貼り付けるのは</head>のすぐ上になります。

この時、余計なコードを書いたり消したりすると大変なことになるかも知れないのでご注意下さい。

無事貼り付けられたら下の方のファイルを更新をクリックして完了です。

 

テーマで設定

これはGoogleアナリティクスを設定出来るテーマに限り、テーマによって設定場所が異なると思いますが、ここではこのブログのテーマであるAFFINGER6というテーマで設定してみます。

今回使うのはトラッキングIDの方になります。

まずは管理画面の左下にあるAFFINGER管理をクリックします。

そして管理メニューが開くので、Google・広告 / AMPを開くとGoogle連携に関する設定が開きます。

ここで先ほど確認したトラッキングIDをアナリティクスコードに入力して、画面下か右にあるSAVEをクリックすれば完了です。

入力した箇所が現在のIDとなっていればOKです。

 

プラグインで設定

最後はプラグインを使った設定です。今回使うプラグインは有名なAll in One SEOです(旧:All in One SEO Pack)

headタグに埋め込む方法やテーマの設定を使う方法が分からない場合は、この方法が一番簡単かと思います。

今回使うのはトラッキングコードの方になります。

まずはプラグインを有効化までしましょう。

管理画面のプラグイン → 新規追加をクリックします。

そしてAll in one SEOと検索して見つかったこちらのプラグインをインストールします。

今すぐインストールをクリックしたら有効化ボタンに切り替わるので、そのままクリックして有効化します。

有効化したら管理画面のAll in One SEO → 一般設定 → ウェブマスターツール → Googleアナリティクスを選択します。

すると下にトラッキングコード貼り付ける場所が表示されるので、コードを貼ったら右下の変更を保存をクリックすれば完了です。

 

Googleアナリティクスで計測出来ているか確認

ここまでで設定は出来ましたが・・・ちゃんと設定出来たのか不安な人もいると思います。

計測出来ているかはまずGoogleアナリティクスのホーム画面を開きます。

まだ誰もアクセスしていないので、アクティブユーザーのリアルタイムは0になっています。

この状態で自分のブログやサイトにアクセスしてみるとこのようにリアルタイムの人数が1になりました。

これで正常に計測が出来ているのが確認出来ました。

 

まとめ:GoogleアナリティクスはWordPressブログを始めたと同時に導入しよう!

ブログ運営には欠かせないGoogleアナリティクス。

PV数が伸びてくればモチベーションも上がりますし、アクセス解析をするとどんな記事が人気なのかも分かるのでブログを改善していくのに非常に役に立ちます。

ブログを始めたばかりの状態ではあまり活用出来ないかも知れませんが、いずれブログを続けていくのであれば必ず使う時が来るので、ブログを始めたと同時に導入しておきましょう。

-ブログ, WordPress