WordPressのローカル環境を構築できるLocal by Flywheelの使い方

WordPress


こんにちは!フォトグラファー&Web制作のじゅんぺい(@junpei_sugiyama)です!

今回は、

WordPressのローカル環境ってどうやって構築するんだろう?

 

 

といった方に対する記事となります。

いくつか方法はありますが、今回は特に簡単に出来るLocal by Flywheelの使い方について解説していきます。

 


WordPressのローカル環境を構築とは?

 

まずはローカル環境とは何かについて書いていきます。

ローカル環境とは自分のパソコンの中で構築する仮想環境のことで、WordPressのローカル環境であれば実際のサーバーを使う事なく、パソコンの中だけでWordPressと同じ環境が作れます。

パソコンの中だけで完結しているので、ネットに繋がっていなくてもOKです。

このローカル環境に対して、サーバーを利用してサイトを公開している方を本番環境と言います。

 

ローカル環境を使う理由

 

先ほどの本番環境に対してローカル環境はテスト環境となります。

例えばWordPress案件を受けた場合、まずは html / css / js などでサイトを作っていきます。

そしてそれをWordPress化していきますが、いきなりクライアントのサーバー(本番環境)で作成していく事はまずありません。

基本的には自分のパソコンでローカル環境というテスト環境を構築し、そこで問題なければ本番環境に移行するという形になります。

もしくは本番環境の前に、自分で契約しているサーバーのテスト用のドメイン(またはサブドメイン)に移行して、そこで問題なければクライアントの本番環境に移行となります。

つまり「ローカル環境→テストサーバー→本番環境」となります。

ローカル環境だと自分のパソコンからでしか見れませんが、テストサーバーであればクライアント側も実際にどう見えるのか確認することが出来ます。

こちらの方が実際のサーバーでより本番に近い形で試せるので「ローカル環境→本番環境」より安全です。

 

WordPressのローカル環境を構築する方法

 

今回ご紹介するLocal by Flywheel以外にも、WordPressのローカル環境を構築出来るツールで有名なものがあります。

  • MAMP
  • XAMPP

上記2つは使い方はほとんど同じですが、相性の問題でWindowsはXAMPPMacはMAMPを使うのがおススメとされています(逆でも使えるようですが)

ちなみに私はWindowsでXAMPP、MacでMAMPを使ったことがありますが、今回ご紹介するLocal by Flywheelが断然簡単なので今はLocal by Flywheelを使っています。

 


Local by Flywheelをインストール

 

それでは本題に入っていきます。

まずは以下のページにアクセスしてLocal by Flywheelをインストールします。

 

左下のFREE DOWNROADをクリックしてダウンロードします(右上のダウンロードも同じでした)

 

次に使用環境について聞かれるので、WindowsやMacなど自身の環境に合わせて選んで下さい。

 

 

次に入力画面が表示されますが、メールアドレスは必須項目となっています。

 

 

メールアドレスを入力してGET IT NOW!をクリックすればダウンロードが始まります。

そうしたら次のファイルがダウンロード出来ていると思うので、こちらを起動して手順に従ってインストールして下さい。

 

そしてこの画面が出ればOKです。

 

 

そしてローカル環境にWordPressをインストールするには、中央のCREATE A NEW SITEをクリックするか、左下の+ボタンをクリックして下さい(中央のボタンは1つもサイトがインストールされていない時のみ表示されます)

するとサイト名を入力する画面が表示されます。

 

 

サイト名を入力したら次は開発環境の選択画面です。

 

 

ここは特に理由がなければPreferredを選択しましょう(Preferredは優先という意味です)

ちなみにCustomの方はPHPやMySQLのバージョンを選べます。

 

 

次はユーザー名とパスワードを設定します。

メールアドレスは後でも変更できます。

 

 

これでWordPressのインストールは完了です。

そしてこの画面が表示されればOKです(今回はTESTという名前のサイトを作りました)

 

 

右上がSTOP SITEになっていれば起動しているという事なので、起動しているのを確認したらADMINをクリックします。

するとWordPressのログイン画面が表示されるので、先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力してログインします。

 

 

そして管理画面が表示されますがデフォルトでは英語表記になっているので、日本語にしたい場合はSettingsのGeneralをクリックします。

 

 

そしてSite Languageから日本語を選択し、左下のSave Changesをクリックして保存します。

 

 

これで日本語になりました。

そして一般設定では先ほどユーザー名とパスワードと一緒に設定したメールアドレスを変更することが出来ます。

 

 

以上でWordPressのインストールから初期設定まで完了となります。

またLocal by Flywheelではサイトを複数作る事が出来ます。

先ほど出てきた左下の+ボタンをクリックして同じように作ればOKです。

下の画像でTESTとTEST2というサイトが作られているのが分かります。

 

 

また上記ではTEST2が起動していて、TESTは停止しています。

これは右上で確認することも出来ますが、サイト名の左側のボタンが緑になっていれば起動している事が分かるので、サイトが多くなってきたときはこちらで確認すればすぐ分かります(左下が現在起動しているサイトの数です)

ちなみに右上のSTART SITEをクリックするのではなく、左側のサイト名左の〇をクリックしても起動と停止が可能です。

またサイトを停止ではなく削除したい時は、サイト名を右クリックしてDeleteをクリックすればOKです。

 

 

これはローカルで作成していたファイル、つまりパソコン内にあったファイルも削除されるので注意しましょう。

以上です。

MAMPやXAMPPを使ったことがある人はLocal by Flywheelの簡単さが良く分かるかと思います。